見えるようにしてください2022年09月04日

そして、エリシャは祈って主に願った。「どうか、彼の目を開いて、見えるようにしてください。」主がその若者の目を開かれたので、彼が見ると、なんと、火の馬と戦車がエリシャを取り巻いて山に満ちていた。       
                       列王記第二 6章17節

 列王記第二6章は、預言者エリシャの働きが列挙されています。「斧の頭を一本の枝で浮かばせる奇跡」(1~7節)、「アラム王の語ることばを、遠隔で知る力」(8~14節)。そして冒頭に引用した「目を見えるようにしたり、見えなくしたりする力」(15~23節)。そして24節以降は、サマリヤの大飢饉の話になります。
 このようなエリシャの働きの中で、教会や教会学校で良く取り扱われるのが、冒頭に引用した個所「目を見えるようにしたり、見えなくしたりする力」の個所です。「神の人(預言者エリシャ)の召使い」(彼、その若者)が、最初に見た物は、「町を包囲している」「馬と戦車の軍隊」でした。そういう意味で、「神の召使い」の目は、しっかり見ることができていました。しかし、預言者エリシャには見えているけれども、「神の召使い」には見えていないものがあったのです。ゆえに冒頭引用箇所で預言者エリシャは「どうか、彼の目を開いて、見えるようにしてください」と祈り、その通りに「神の召使い」の目に「火と馬と戦車が…山に満ちていた」状況が見えるようになりました。
 私たちの目も、見えているけれども、神さまの御業まで見えていないことばかりです。見えている目の前の状況に、「神の召使い」と同様「ああ…どうしたらよいのでしょう」(15節)と焦り、動揺するばかりです。ここに登場した「神の召使い」の時代には預言者がいたように、今、私たちには「神のことば」である「聖書」があります。私たちも「神のことば」に促されながら、日々「見えるようにしてください」(17節)と祈りつつ、神さまに霊的な目を見えるようにしていただき、聖書の約束のことばに信頼し、目に入って来る状況に振り回されないようにしましょう。
 聖書には、たくさんの神さまの約束のことばが満ちています。私たちのまわりを「取り巻い」ているそのたくさんの「約束のことば」と合わせて、私たちが見ている状況を受けとめ、理解していくことが大事です。今週も神さまに「見えるように」していただいて、日々歩ませていただきましょう。     (吉持日輪生)

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://mikotoba.asablo.jp/blog/2022/09/04/9523421/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。