伝道とは何か2019年10月13日

イコニオムでも、ふたりは連れ立ってユダヤ人の会堂に入り、話をすると、ユダヤ人もギリシヤ人も大ぜいの人々が信仰に入った。      
                              使徒の働き 14章1節                                    
 伝道とは何でしょうか。伝道集会、路傍伝道、そして個人伝道と、教会では「伝道」という言葉が頻繁に使われてきました。英語ではEvangelism(エバンジェリズム)という言葉になりますが、これはギリシヤ語のユーアンゲリオン(福音という意味)を語源に持ちます。伝道とは、端的に表現するならば、「福音を語り、正しい回心に導くこと」です。もう少し詳しく伝道について説明するならば、「伝道とは未信者に対するキリストの救いの宣言であり、彼らを悔い改めと回心に導き、罪の赦しを宣言し、地上におけるキリストの身体である共同体のメンバーになり、聖霊の力により他の人に仕える人生を送るように招くことである。(1)」と言えるでしょう。この説明によると、伝道とは、福音(キリストの救い)の宣言から、悔い改めと回心への導き、そしてキリストの身体である教会のメンバーとして招くところまでのプロセス(過程)であることが分かります。一人の人がイエス・キリストの福音に触れ、悔い改めてたましいの救いを得るためには、様々な準備や出来事、信じるための導きが必要です。使徒の働き14章のイコニオムでのパウロとバルナバの働きも、福音を伝えると同時に、大ぜいの人々が信仰に入るための導きや励ましの働きがあったことが想像できます。私たちは、パウロやバルナバのような素晴らしい働きを実現することは難しいと思うでしょう。しかし、一人の人が救われ、教会の一員となる伝道のプロセスの中で私たちができることとして、たとえば未信者の方を教会にお誘いすること、個人の証しを共有すること、そして、信仰に導かれつつある方に声をかけ、友達になることが挙げられます。神さまはこの世界で、もちろん日本においても、イエスさまの福音が伝えられて行くことを望んでおられます。次回は伝道の主人公は誰かについて考えます。(笠川路人)
(1) デビット・ボッシュ、Transforming, Mission 10-11頁

伝道について学ぶ2019年10月06日

ところが、その中にキプロス人とクレネ人が幾人かいて、アンテオケに来てからはギリシヤ人にも語りかけ、主イエスのことを宣べ伝えた。
             使徒の働き 11章20節                                    
バルナバコースの第11課と12課は、2回にわたり「伝道」について学びます。「伝道」は周りの人々にイエスさまのことを伝え、救いへと導いていく大切な奉仕ですが、「伝道」という言葉に対してどのようなイメージを持っておられるでしょうか。「伝道」という言葉を聞くと、「わくわくする」、「元気が出てくる」、「嬉しい」といった肯定的な感情を持たれるでしょうか。逆に、「何か気が進まない」、「自分にはなかなかできない」、「できれば避けたい」という後ろ向きの感情を持つでしょうか。私自身、高校生の時に、仲の良かった親友に伝道をしたところ、強く否定され、人間関係が難しくなった経験があり、それから長い期間「伝道」に対して肯定的な感情を持つことができませんでした。クリスチャンであることは伝えておいて、もし何かを聞かれたら答えるといった立場を取っていたと思います。しかし、その後、教会を通して伝道をする機会を与えられたり、職場の中で不思議と証しをする機会を経験するうちに、伝道について学ぶ機会を頂きました。何よりも、人がイエスさまと出会い、救われていくことを間近で関わり、それを見ることは本当に素晴らしい経験です。神さまが私たち一人一人を選び、救いへと導いてくださる目的は、私たちの人生を通して神さまの栄光が現わされ、イエス・キリストの姿に変えられていくことですが、神さまは、特に「伝道」という奉仕を通して、私たちにチャレンジを与え、信仰を成長させてくださるという恵みを体験することができました。伝道すること自体は非常にシンプルだと思います。アンテオケ教会では、キプロス人とクレネ人の幾人かによってギリシヤ人に対する伝道が進み、教会が成長していきました。しかし、伝道することに課題を覚え、難しさを感じる現代の日本において、私たちが心からあふれる喜びを持って、人々をイエスさまのもとに導いていくことには、励ましと準備が必要です。バルナバコースの終わりに「伝道」の学びを2回に渡って置いているのには理由があります。イエス・キリストの福音の理解を深め、聖書の読み方や祈りの生活を学び、人間関係についての洞察を深めていくことが、全て伝道に繋がり、伝道に生かされるようにという意図があります。伝道を喜び、伝道を通して私たちの信仰を励ましてくださる神さまに期待しましょう。それでは次回は、「伝道」とは何かを考えます。(笠川路人)

与えられた奉仕を振り返り、導きを祈る2019年09月29日

キリストによって、からだ全体は、一つ一つの部分がその力量にふさわしく働く力により、また、備えられたあらゆる結び目によって、しっかりと組み合わされ、結び合わされ、成長して、愛のうちに建てられるのです。        エペソ人への手紙 4章16節                                    
 アンテオケ2000プランに提示されている、教会が推進する6つの働きについて見てきました。一つ一つの働きを確認することで、今、担当している奉仕が教会のどの働きに繋がっているか明確になります。すべての奉仕はキリストのからだである教会の成長と建て上げに貢献していて、同時にクリスチャンの成長の場ともなります。大切なことは、奉仕はまず、神さまに奉げられるものであり、神さまは奉仕する一人一人を祝福してくださる方であることを覚えることです。「愛のうちに建てられるのです」とのみことばに立ち、共に奉仕を担当している仲間のためにも祈っていきたいと思います。兄弟姉妹を愛することは、まず、兄弟姉妹のために祈ることです。聖霊なる神さまが、祈りによって私たちを組み合わせ、結び合わせてくださるときに、教会の働きが前進していきます。
 将来、神さまが導いて下さる奉仕についても祈っていきましょう。もし神さまが与えてくださっている賜物が生かされる場があるならば、奉仕について具体的に祈って頂きたいと思います。そして、既に祈りに導かれている奉仕があるなら、牧会者や各部会のリーダーに分かち合って頂ければ幸いです。さらに、教会の様々な働きの中には、信徒の方々の思いやアイデアから始まったものもあります。どの賜物が用いられるのか、誰と一緒にできるのか、そしていつから始めることができるか、神さまの導きを求めて頂きたいと思います。教会が、お一人お一人の奉仕の働きによって愛のうちに建てあげられ、福音宣教のために主に用いられ続ける教会であることを願い、祈っていきましょう。
                             (笠川路人)

主を愛する礼拝と働き人の派遣2019年09月22日

彼らが主を礼拝し、断食をしていると、聖霊が、「バルナバとサウロをわたしのために聖別して、わたしが召した任務につかせなさい」と言われた。               使徒の働き 13章2節                                    

 茨木聖書教会が推進する6つの働きの5つ目は、「主を愛する礼拝」です。アンテオケ教会は、礼拝し、断食する教会でした。アンテオケ2000プランには、「神に最高の誉れと崇敬をささげ、それが日常生活の生き方になること目指す。」と説明されています。礼拝とは日曜日に行われる主日礼拝に始まり、生活のすべての面において神さまをほめたたえる(栄光を帰する)ことであると言えます。神さまを礼拝することで、私たちは人生において優先すべきものが何かを示され、聖書のみことばによって心が養われ、信仰の励ましを頂くことができます。主を愛する礼拝をささげていく時に、私たちの心は聖霊なる神さまの臨在によって喜びに満たされ、愛と喜びと平安のある歩みへと変えられていくのです。茨木聖書教会が、神さまに喜ばれる「主を愛する礼拝」をささげることができるように祈りましょう。
 最後の6つ目の働きは「働き人の派遣」です。アンテオケ教会は礼拝と断食の中で、バルナバとサウロ(パウロ)を世界宣教に派遣することを聖霊によって示されます。アンテオケ教会の中で最も中心で活躍していた二人を派遣することは、教会にとってどれだけ大きいチャレンジであり、犠牲だったでしょうか。しかし、彼らは聖霊なる神さまの語りかけに素直に応答して、バルナバとサウロを派遣し、彼らの宣教活動を支援し続けます。主を愛する礼拝をささげていくときに、教会は働き人を派遣する恵みに与ります。茨木聖書教会はアンテオケ教会を模範とし、数多くの働き人を全国にそして海外に派遣してきました。茨木聖書教会から派遣されていった先生方が各地で主のために仕えておられることは教会にとっての大きな恵みです。これからも神さまが献身者を教会から起こして下さることを祈り、働き人のために祈り、サポートする奉仕を進めていきましょう。さらに、働き人の派遣は、牧師や宣教師だけに限定されず、信徒一人一人が、家庭や職場そして地域に派遣されていることも含んでいます。与えられているそれぞれの場所において、神さまからの励ましと力を頂きながら、証しの生活を歩んでいきましょう。               (笠川路人)

成長を目指す教育と愛の奉仕2019年09月15日

彼に会って、アンテオケに連れて来た。そして、まる一年の間、彼らは教会に集まり、大ぜいの人たちを教えた。弟子たちは、アンテオケで初めて、キリスト者と呼ばれるようになった。             使徒の働き 11章26節                                    

 茨木聖書教会が推進する6つの働きの三つ目は、「成長を目指す教育」です。アンテオケ教会の成長を目の当たりにしたバルナバは、パウロをアンテオケに連れてきます。そして、アンテオケ教会でバルナバとパウロを中心とした教会教育が始まりました。それから1年にわたって、バルナバとパウロはギリシア人を中心とする、大勢の救われたばかりの人々に教えました。その結果、弟子たちは「キリスト者」(クリスチャン)と呼ばれるようになります。茨木聖書教会もアンテオケ教会にならって、キリストの弟子を生み出していく教育に重点を置いています。アンテオケ2000プランには「すべての新生した信徒はキリストを目標に成熟することができる。」と書かれています。教会学校を始めとする信徒教育の働きは、クリスチャンがイエスさまを目標に成長し、与えられた賜物が家庭、教会、そして地域において用いられて行くことを目的としています。教育部では、より良い教育カリキュラムを検討していますが、大事なことは、私たち一人一人がイエスさまの姿を目指して成長したいと願うことです。
 四つ目の働きは「愛の奉仕」です。キリストのような愛の奉仕者になること、そしてそれぞれの賜物を生かして奉仕の働きを進めていくことが、アンテオケ2000プランに掲げられています。アンテオケ教会の弟子たちは、「それぞれの力に応じて」ユダヤの兄弟姉妹たちに救援物資を送りました(使徒の働き11章29節)。コリント人への手紙第一12章には、すべての信徒がキリストのからだの一器官として、教会にはなくてはならない存在であることが書かれています。どのような奉仕を担当していても、それはキリストのからだを建て上げるために必要不可欠な奉仕であり、誰かのために祈ること、礼拝に出席すること、そしてクリスチャンと交わることも愛の奉仕の一つであることを覚えます。私たちの愛の奉仕を通して、教会が建て上げられ、地域にイエスさまが宣べ伝えられていくことを祈っていきましょう。(笠川路人)

熱心な伝道と神の家族の交わり2019年09月08日

そして、主の御手が彼らとともにあったので、大ぜいの人が信じて主に立ち返った。                      使徒の働き 11章21節   
                                 
茨木聖書教会が推進する6つの働きの一つ目は、「熱心な伝道」です。アンテオケ教会はギリシア人に対する伝道をきっかけに成長した教会であり、パウロとバルナバを世界宣教に派遣した教会でした。アンテオケ教会の伝道の働きは、キプロス人とクレネ人の幾人かによって始められましたが、聖書には「主の御手が彼らとともにあった」と書かれています。ですから、伝道の働きの主体は神さまであり、聖霊なる神さまの助けなしに、私たちは伝道の働きを進めることはできないことを覚えます。そして、「人々に主イエスを宣べ伝え、洗礼に導く」伝道の働きは、教会全体が関わる奉仕とも言えます。アンテオケ2000プランには、「すべての奉仕は伝道に関係しているという考えに立って、教会の奉仕やプログラムに参加していくこと、そして、伝道の取り組み方法は、人々の必要に目を留めながら、柔軟かつ大胆にあらゆることを試みる1」と書かれています。礼拝を中心とした教会のさまざまな活動を通して、家族への伝道、次世代への信仰継承、そしてイエスさまをまだ知らない人々への伝道を熱心に進めていくことが一つ目の働きです。
 二つ目の働きは「神の家族の交わり」です。「互いに愛し合いなさい」(ヨハネの福音書13章34-35節)というイエスさまの教えに基づき、家族のような親密な交わり、絆を形成し、教会のメンバーであることの満足と喜びが全教会員にあふれること2が、アンテオケ2000プランに目標として掲げられています。小グループであるアガペーケアグループを中心に、奉仕グループや多様な必要に応えるグループを推進し、教会員の交わりの形成を目指しています。使徒の働きに描かれている初代教会の力強い成長の原動力は何でしょうか。「神を賛美し、すべての民に好意を持たれた。主も毎日救われる人々を仲間に加えてくださった。」(使徒の働き2章47節)家族のような親密な交わりがあり、そこに喜びがあり、周囲から見て魅力的なコミュニティであったことが想像できます。神の家族の交わりが深まっていくことによって、教会そのものが地域にとって証しとなり、好意や興味を持って下さる人々がイエスさまに出会っていくのです。もう一度、イエスさまの「互いに愛し合いなさい」という教えを覚えながら、神の家族の交わりが深められ、広がっていくことを祈っていきましょう。
(笠川路人)
1、2 茨木聖書教会アンテオケ2000プラン~茨木聖書教会の使命と目的~ 3頁

教会の目的宣言文と6つの働き(柱)2019年09月01日

ところが、その中にキプロス人とクレネ人が幾人かいて、アンテオケに来てからはギリシヤ人にも語りかけ、主イエスのことを宣べ伝えた。
                      使徒の働き 11章20節
                                 
 茨木聖書教会の推進する6つの働きを確認する前に、アンテオケ教会をモデルとした、教会の目的宣言文を紹介します。アンテオケ2000プランには、以下の目的宣言文が書かれています。「茨木聖書教会は、主イエスの大宣教命令に従い、あらゆる国の人々を弟子とするために、主イエスを宣べ伝え、バプテスマを授け、主のみことばを教え、主をあがめる教会をめざす。そのために、大宣教命令を忠実に実行したアンテオケ教会を模範とする。」 
 さらに、アンテオケ教会についてもこのように説明されています。「初代教会において、無数の教会の母なる教会となったアンテオケ教会は、伝道に燃え、人々を主イエスに導き、神の家族である教会の交わりに招き、熱心な教育によって、主イエスの愛の奉仕者また主を愛する礼拝者とし、宣教のために働き人を派遣したのである。私たち茨木聖書教会は、この模範にならって、6つの働きを柱として教会形成を行うものである。」この6つの働きとは、上記の説明文に含まれる1.熱心な伝道、2.神の家族の交わり、3.成長を目指す教育、4.愛の奉仕、5.主を愛する礼拝、6.働き人の派遣、です。アンテオケ教会は迫害により散らされた人々によって建て上げられた教会ですが、その成長のきっかけはキプロス人とクレネ人の幾人かによるギリシア人への伝道から始まったことが分かります。バルナバとパウロによる教育、ユダヤのクリスチャン達への危機に対する支援、そして世界宣教への働き人の派遣と、アンテオケ教会が経験した神さまの恵みを私たちも奉仕を通じて共に体験させて頂きましょう。次回からは6つの働きの内容を確認しながら、私たちの賜物が生きる奉仕について具体的に考えていきます。(笠川路人)

教会のビジョンと賜物の関係2019年08月25日

それから、イエスは、すべての町や村を巡って、会堂で教え、御国の福音を宣べ伝え、あらゆる病気、あらゆるわずらいをいやされた。
                 マタイの福音書 9章35節                                    
 前回まで奉仕における賜物について学びました。一人一人の賜物が生かされるのは教会の働きを支える奉仕ですが、教会がどのような働きを進めるかは、教会に与えられたビジョンに基づいていると言えます。茨木聖書教会は使徒の働きに登場するアンテオケ教会をモデルとするビジョンを持っていますが、そのビジョンを確認し、私たちの賜物が生かされる奉仕がどこにあるのかを考えることは大切なことです。
 茨木聖書教会の初代の日本人牧師である、吉持章師は「アンテオケ的センター教会を目指して」(1)の中で、教会の基本理念をマタイ9章35節とし、アンテオケ教会の理想的な教会像を目標に、以下の宣教ビジョンについて説明しています。「1.まず、各信徒の賜物が何であるかを見い出し、2.これを教育と訓練によって旺盛化し、3.全信徒が、その賜物にかなった奉仕の場へと任命され、派遣され、4.御体なる教会を組み上げ、5.世のあらゆる必要に対して、与える愛の手を差しのべ、6.キリストの花嫁なる教会を時代の中に輝かしめ、7.失われた人々に救いと慰めと祝福をもたらし、8.ただ神にのみ栄光を帰する教会たることを目的とする。」アンテオケ教会に倣って、神さまが一人一人に与えられた賜物から始めるという理念は、現在の教会の奉仕と働きに対する考え方の基礎になっていると言えるでしょう。
 教会35周年の2000年には、アンテオケ教会を目標とするビジョンに沿って、「アンテオケ2000プラン」が発表されました。その中では、アンテオケ教会を模範とすることが目的宣言文の中に明記され、アンテオケ教会に倣い、6つの働きを柱として教会形成を行うことが説明されています。今年(2019年)は、55周年の2020年に向けて、教会のビジョンを確認し、再確認、更新する年となります。次回から、「アンテオケ2000プラン」に書かれている「6つの働きに」ついて一つ一つを確認し、私たちに与えられた賜物が生きる、神さまに用いて頂く場所について考えさせて頂きましょう。(笠川路人)
(1) 茨木聖書教会創立20周年記念誌「ピスガ」13頁

奉仕における賜物を求める2019年08月18日

あなたがたは、よりすぐれた賜物を熱心に求めなさい。また私は、さらにまさる道を示してあげましょう。      コリント人への手紙第一 12章31節                                    

 賜物(たまもの)とは何でしょうか。教会の中では、奉仕をする場面でよく使われる言葉ですが、原語(ギリシヤ語)は、χάρισμα(カリスマ)であり、「χάρις(カリス:恵み)」の派生語です。「天からの才能や素質」や「贈り物」という意味を持つことばで、神さまが一人一人に与えてくださっている能力や得意なことと言えるでしょう。大切なことは、賜物は神さまからの頂いたものであり、神さまの栄光を現わすために用いることが、神さまの御心であるということです。パウロがコリント人への手紙第一12章で説明している通り、頂いている賜物はそれぞれ異なり、奉仕や働きもいろいろな種類があります。ですから、まず自分の賜物が何であるかを理解し、賜物を用いる奉仕に携わることが、より良い、喜びにあふれる奉仕に繋がります。
 どうしたら私たちは神さまから頂いた賜物を発見することができるでしょうか。リック・ウォレン牧師は「あなたの賜物が輝く5つのステップ」という本の中で、賜物と奉仕の探求方法として5つの方法について説明しています。
1. 神さまから与えられた霊的賜物について考える
2. 喜んでしたいと思うこと、情熱を注げるものは何かを知る
3. 働きのための自分の能力を知る
4. 自分の性格に合った奉仕を選べるように、自分自身について知る
5. 過去の経験を振り返る(成功と失敗、痛みも含めて)
 賜物に対する理解が深まっていくにつれて、教会の中で必要とされている奉仕に対して、自分の賜物をどのように用いることができるのか、祈り求めていくことが重要です。私にとって、ワーシップ礼拝の働きは神さまから頂いた賜物と経験を用いさせて頂いている奉仕の一つです。小さい頃から教会の音楽に親しみ、中高時代は、J-Popよりも90年代のワーシップグループのCDをコレクションとして集め、聴いていたのを思い出します。教会がワーシップ形式の礼拝を始めた時に、神さまから頂いた賜物と今までの経験の全てが繋がって、用いられていることを覚えました。教会で必要とされる働きと、与えられた賜物がちょうど重なるところが、その人を神さまが用いて下さる場所です。次回は教会のビジョンと、ビジョンに基づく具体的な働きについて考えたいと思います。(笠川路人)

奉仕についての聖書的理解2019年08月11日

そこで、弟子たちは、それぞれの力に応じて、ユダヤに住んでいる兄弟たちに救援の物を送ることに決めた。       使徒の働き 11章29節                                    
 バルナバとパウロの働きによって成長したアンテオケ教会の弟子たちは、「キリスト者(クリスチャン)」という名で呼ばれるようになります。クリスチャンと呼ばれた彼らが、初めて行った奉仕のわざは、飢饉に苦しむユダヤの弟子たちに対して、救援物資を送ることでした。アンテオケ教会は、バルナバを派遣したエルサレム教会に対する感謝を忘れることはありませんでした。さらに、13章においては、聖霊の導きによって、リーダーであったパウロとバルナバを宣教旅行に遣わしますが、まさに「受けるよりも与えるほうが幸いである。」(使徒の働き20章35節)という主イエスの教えを、体現する教会でした。奉仕とは何か、それは、主イエスの救いを頂いた者が、感謝をもって与える行為であると言えます。
 アンテオケ教会では、「それぞれの力に応じて」、ユダヤの弟子に対する救援を行いました。エペソ人への手紙4章には、奉仕の目的はキリストのからだを建て上げるためであり(12節)、一つ一つの部分(私たち)が、その力量にふさわしく働く力によって、成長していくこと(16節)が説明されています。コリント人への手紙第一12章においては、教会に対して身体のたとえを用いながら、ひとりひとりは各器官であり(27節)、それぞれに大切な役割を持っていることが書かれています。これらの聖書のみことばから、奉仕とは、神さまが一人一人に与えてくださった能力や賜物、経験を用いて、キリストのからだである教会を建て上げて、成長するために行われるものであることが分かります。キリストのからだである教会の必要と、私たちの能力や賜物が合致し、感謝をもって時間や労力を捧げることができるのが奉仕であると言えます。パウロは、「あなたがたは、よりすぐれた賜物を熱心に求めなさい。また私は、さらにまさる道を示してあげましょう。」(コリント人への手紙第一12章31節)と語りましたが、奉仕することを通して、神さまから与えられた賜物を熱心に求めていくようにと励まされています。次回は、奉仕をするにあたって、どのように賜物を求めていくか(探していくか)について学びます。(笠川路人)