神さまの御業を忘れない2020年05月24日

ヨルダンの川向こう、日の昇る方で、アルノン川からヘルモン山までの全東アラバにおいて、イスラエルの子らが討ち、占領した地の王たちは次のとおりである。                   ヨシュア記12章1節 

 上記聖書個所に「ヨルダンの川向こう、日の昇る方で」とあるが、ヨシュア記12章に記されている内容は、まさに「日の昇る」勢いのイスラエルの歩みです。さらにヨシュアがリーダーになる前のモーセの時のことも記されています。
 特に9節以降は、町の名前が「○○の王」という形で記されていて、最後の24節に「全部で31人の王である」とまとめられています。
 9節の「エリコの王」と聞けば、ヨシュア記6章を思い出しますし、また「ベテルの隣のアイの王」と読めば、ヨシュア記7章の「ユダ部族のゼラフの子ザブディの子カルミの子アカン」の過ちを思い出します。
 恐らく、ある時代までは、それぞれの町の名前を読むと、その町を攻め取った時の経験を思い出し、またその中で教えられた神さまからの訓練を想起していたことでしょう。そのようなことを思い巡らす時、伝道者の書や、詩篇の言葉を思い出します。

神のなさることは、すべて時にかなって美しい。神はまた、人の心に永遠を与えられた。しかし人は、神が行うみわざの始まりから終わりまでを見極めることができない。             伝道者の書3章11節

わがたましいよ 主をほめたたえよ。主が良くしてくださったことを何一つ忘れるな。                         詩篇103篇2節

 このような聖書の信仰からすると、失敗も、成功も、計画通り進むことも、そうでないことも、「神さまがなされたこと」であり、「美しく」「良いもの」だからこそ、そこからたくさんのことを学ぶことができるのです。
 今週も、経験する一つ一つの背後に神さまを認め、「主の良くしてくださったこと」として、忘れないで、そこから様々なことを学ばせていただきましょう。                           (吉持日輪生)

「神さまの厳格さ」を想う2020年05月17日

主がそのしもべモーセに命じられたとおりに、モーセはヨシュアに命じ、ヨシュアはそのとおりに行った。主がモーセに命じられたすべてのことばを、彼は一言も省かなかった。                    ヨシュア記11章15節

 前回、ヨシュア記10章からは「神さまの憐れみ深さ」を取り扱いました。今回は、前回の「憐れみ深さ」とは真逆に見える「神さまの厳格さ」を取り扱います。
 ヨシュア記10章に引き続いて、ヨシュア記11章には「聖絶した」ということばが、度々登場します。ヨシュア記10章では、1節「聖絶し」、28節「聖絶し」、35節「聖絶した」、37節「聖絶した」、39節「聖絶し」、40節「聖絶した」とあります。ヨシュア記11章では、11節「聖絶した」、12節「聖絶した」、20節「聖絶するため」、21節「聖絶した」とあります。人が人を殺すということは、いつの時代にあっても人の心に痛みをもたらします。しかし、イスラエルの民は、その自分の心の痛みよりも、神さまの命令を重んじたのです。そこに「神さまの厳格さ」への忠実な、誠実な姿勢を覚えます。そしてその「神さまの厳格さ」を重んじる姿勢は、冒頭で引用している聖書個所を読むと、モーセからヨシュアに引き継がれていることが分かります。
 さて私たちは、どうでしょうか。イエスさまを通して「神さまの愛」「神さまの憐れみ深さ」に触れている私たちは、どこかで「神さまの厳格さ」を避け、触れないようにしていないでしょうか。聖書は、はっきりとこのように語っています。

罪の報酬は死です。しかし神の賜物は、私たちの主キリスト・イエスにある永遠のいのちです。                  ローマ人への手紙6章23節

 「神さまの厳格さ」は、「神さまの憐れみ深さ」「神さまの愛」と表裏一体です。「神さまの厳格さ」があいまいになる時、「神さまの憐れみ深さ」「神さまの愛」もあいまいになってしまいます。私たちには罪があるからこそ、本来いつ死んでもおかしくない存在です。しかし、その存在が今日も生かされているのは、まさに「神さまの憐れみ深さ」「神さまの愛」です。今週も、「神さまの厳格さ」を覚え、「神さまの憐れみ深さ」「神さまの愛」に育まれて歩みましょう。     (吉持日輪生)

神さまの憐み深さに倣おう2020年05月10日

ギブオンの人々はヨシュアのところ、ギルガルの陣営に人を遣わして言った。「しもべどもから手を引かないで、急いで私たちのところに上って来て、私たちを救い、助けてください。山地に住むアモリ人の王たちがみな、私たちに向かって集まっているのです。」ヨシュアはすべての戦う民たちとすべての勇士たちとともに、ギルガルから上って行った。主はヨシュアに告げられた。「彼らを恐れてはならない。わたしが彼らをあなたの手に渡したからだ。あなたの前に立ちはだかる者は彼らの中に一人としていない。」                ヨシュア記10章6~8節

 ヨシュア記9章から登場する「ギブオンの人々」の存在はとても興味深いものがあります。変装をしてイスラエルの人たちをだまし盟約を結びます。しかしそのためイスラエルの中では「しもべ」として扱われ、さらにヨシュア記10章にある通り、近隣の部族から嫌われ「ギブオンを討ちましょう」(ヨシュア記10章4節)と言われています。
 私の感覚からすれば、ギブオンのこの状況は自業自得のように思いますが、神さまのギブオンに対する関わり方には、神さまの憐れみの豊かさ、大きさを感じます。ギブオンから助けを求められたヨシュアに対して神さまは、このように語られています。

主はヨシュアに告げられた。「彼らを恐れてはならない。わたしが彼らをあなたの手に渡したからだ。あなたの前に立ちはだかる者は彼らの中に一人としていない。」                  ヨシュア記10章8節

 神さまは、ヨシュアに「あなたの前に立ちはだかる者いない」と勝利を約束しています。ギブオンがしたこと、また「神さまに聴こうとしない」イスラエルの民を咎めるのではなく、憐れみ深くイスラエルに対しても、ギブオンに対しても接しておられます。
 私たちも、日々神さまの豊かな憐れみ深さに育まれ、守られ、支えられています。ですから私たちも、周りの人に対して憐れみ深くありたいと思います。今週も、神さまの憐れみ深さをもって日々歩みましょう。         (吉持日輪生)

「神のことばを聞く」と「神に聴く」2020年05月03日

そこで人々は彼らの食糧の一部を受け取った。しかし、主の指示を求めなかった。        ヨシュア記9章14節
 
 前回取り上げたヨシュア記8章では、「みおしえの書」を読み上げ、神さまのことばに民全体が耳を傾けていたイスラエルの民のことが記されていました。しかしヨシュア記9章では、どうでしょうか。上記聖書個所にある通り「主の指示を求めなかった」とあります。
 その後、彼らは、盟約を結んだ相手に自分たちが騙されたことを知りますが、その時も「主の支持を求める」ことをしていません。

彼らと盟約を結んでから三日たったとき、人々は彼らが近くの者たちで、自分たちのただ中に住んでいるということを聞いた。(中略)イスラエルの子らは彼らを討たなかった。会衆の上に立つ族長たちがイスラエルの神、主にかけて彼らに誓ったからである。           ヨシュア記9章16~18節

 上記聖書個所でも「イスラエルの神、主にかけて彼らに誓った」ことを大切にしていますが、「主の指示を求める」ことをしていません。
 つまりイスラエルの民は、「みおしえの書」のことばを聞いていましたが、「神さまに聴く」ことにまで至っていなかったということでしょう。私たちも、聖書のことばを読んでいる、聞いているけれども、そこから「神さまに聴く」という姿勢に至る必要があるのです。
 「神さまのことばを聞く」と「神さまに聴く」の違いは、前者が神さまのことばを表面的に理解する聞き方であり、神さまの心を心として聞くことが「神さまに聴く」ことだと思っています。
 新型コロナウイルスの問題課題に直面している私たちも、一人一人が「神さまに聴き」つつ、この時をキリスト者として、「地の塩」「世の光」として歩むことを心がけましょう。      (吉持日輪生)

「みおしえの書(聖書)」の適用範囲2020年04月26日

その後、ヨシュアは、みおしえの書に記されているとおりに、律法のすべてのことばを、祝福ものろいも読み上げた。モーセが命じたすべてのことばの中で、ヨシュアが、イスラエルの集会全体、および女と子どもたち、および彼らの間で生活する寄留者の前で読み上げなかったことばは、一つもなかった。 
                           ヨシュア記8章34~35節

 アカンの罪が取り除かれた後、神さまはヨシュアに対して「恐れてはならない。おののいてはならない。(中略)アイに攻め上れ」(ヨシュア記8章1節)と励まします。そしてアイの町を攻め取ったヨシュアは、「主のために一つの祭壇を築いた」(ヨシュア記8章30節)とあり、また勝利におごり高ぶることなく、神さまの言葉に耳を傾けています。
 その時の状況は、上記にある通り「みおしえの書」に記されている「律法のすべてのことばを、祝福ものろいも読み上げ」ています。この状況で特筆すべきことは、そのことばを誰が聞いたかということです。アイとの戦いで活躍した兵士たちだけが聞いたかというとそうではありません。また部族のリーダーたちだけが聞いたかというとそうでもありません。
 上記聖書個所で、はっきりと記されている通り「イスラエルの集会全体、および女と子どもたち、および彼らの間で生活する寄留者」に語られました。
 ここに「みおしえの書」、今日でいうところの神さまのお言葉が書かれている「聖書」の適用範囲が明らかに示されています。「聖書」は、大人だけのものではなく、また男性だけのものでもなく、ここに書かれている通り「女と子どもたち、そして共に生活をしている寄留者」も対象だということです。イエスさまの宣教の働きを思い返しても、そこには男性・女性、大人・子ども、そしてユダヤ人以外の人たちもいました。
 私たちも、茨木市に建て上げられているキリストのからだなる教会として、この地に住む「男性・女性、大人と子ども、そして外国の方々」に聖書のことばを届けていく責任があります。2020年度から掲げている「福音を99%に届ける」教会として、今週も聖書のことばを「男性・女性、大人と子ども、そして外国人」に届けていきましょう。(吉持日輪生)

「立て」と言われる神さま2020年04月19日

主はヨシュアに告げられた。「立て。なぜ、あなたはひれ伏しているのか。                       ヨシュア記7章10節

立て。民を聖別せよ。そしてこう言え。あなたがたは、明日のために自らを聖別しなさい。                ヨシュア記7章13節

 神さまは、ここでヨシュアに「立て」(10節)、「立て」(13節)と語られます。
 アカンの「聖絶の物の一部を取った」罪のゆえに、アイという町との戦いに敗れたヨシュアは、意気消沈し、焦りを覚え、うなだれていました。
 そのようなヨシュアに、神さまが語られた言葉が、上記の聖書個所です。ここから天地万物を創造された神さまの励まし方が見えてきます。13節に「明日のために」ということばがありますが、神さまは、過去ばかりを見るお方ではなく、また明日だけに目を向けるお方でもありません。「明日のために、今日、今、何をするのか」を示してくださいます。イエスさまも次のように語られています。

まず神の国と神の義を求めなさい。そうすれば、これらのものはすべて、それに加えて与えられます。ですから、明日のことまで心配しなくてよいのです。明日のことは明日が心配します。苦労はその日その日に十分あります。
                  マタイの福音書6章33~34節

イエスさまの十字架によって過去の罪を赦していただき、イエスさまが共にいて下さるゆえに「明日の心配」を取り除いていただき、「立て」と言われる神さまに励まされつつ、「明日のために」今日という日を、一日一日大切にして歩みましょう。                 (吉持日輪生)

7日目のときの声2020年04月12日

七日目、朝早く夜が明けかかるころ彼らは起き、同じようにして町の周りを七周回った。この日だけは町の周りを七周回った。七周目に祭司たちが角笛を吹き鳴らしたとき、ヨシュアは民に言った。「ときの声をあげよ。主がこの町をあなたがたに与えてくださったからだ。           ヨシュア記 6章15~16節

 ヨシュア記6章を読んでの最初の疑問、違和感は、7日目に活動していることです。しかも、それまでの6日間以上の一番の活動をしていることです。7日目は休むという「安息日規定」が、全く尊重されていません。

神は第七日に、なさっていたわざを完成し、第七日に、なさっていたすべてのわざをやめられた。                  創世記 2章2節

安息日を覚えて、これを聖なるものとせよ。六日間働いて、あなたのすべての仕事をせよ。七日目は、あなたの神、主の安息である。あなたはいかなる仕事もしてはならない。あなたも、あなたの息子や娘も、それにあなたの男奴隷や女奴隷、家畜、またあなたの町囲みの中にいる寄留者も。  
                       出エジプト記 20章8~10節

 しかし、ちょうどイエスさまの復活をお祝いするイースターを思う時、次の聖書のことばと重なります。

終わりのラッパとともに、たちまち、一瞬のうちに変えられます。ラッパが鳴ると、死者は朽ちないものによみがえり、私たちは変えられるのです。
                   コリント人への手紙第一 15章52節

 この個所をそのように理解すると、「エリコの城壁崩壊」は、まさに私たちにとっては、イエスさまの復活によって「死」が打ち破られたことの型であり、私たちが7日目に集まり、「ときの声」ではないけれども、賛美を神さまに、イエスさまに献げることの型と言えます。
 これからも主の復活を覚え、主の日、日曜日に集まり、「ときの声」「賛美の声」を上げましょう。献げましょう。            (吉持日輪生)

エジプトの恥辱とは2020年04月05日

主はヨシュアに告げられた。「今日、わたしはエジプトの恥辱をあなたがたから取り除いた。」それで、その場所の名はギルガルと呼ばれた。今日もそうである。                      ヨシュア記 5章9節

 上記個所にある「エジプトの恥辱をあなたがたから取り除いた」とは、「割礼」のことを指して言っていることばです。イスラエルの民は、エジプトにいる時は生まれてくる男子に割礼を施していましたが、エジプトを出て、荒野を旅し続けている間は、割礼を施すことができていませんでした。
 なぜ神さまは、約束の地に入るこのタイミングで割礼を施すように促されたのでしょうか。また切り落とされる包皮を「エジプトの恥辱」と表現したのでしょうか。当時のエジプトは、ピラミッドに代表されるように様々な面で最先端に満ちていました。「恥辱」ではなく、まさに「誇り」になるものばかりでした。にもかかわらず神様は、割礼を通して「エジプトの恥辱を取り除いた」と言われるのです。
 新約聖書においては、パウロも同じようなことを語っています。

しかし私は、自分にとって得であったこのようなすべてのものを、キリストのゆえに損と思うようになりました。それどころか、私の主であるキリスト・イエスを知っていることのすばらしさのゆえに、私はすべてを損と思っています。私はキリストのゆえにすべてを失いましたが、それらはちりあくただと考えています。
                       ピリピ人への手紙3章7~8節
 
 イスラエルの民は、「約束の地」を前にして、「エジプトの栄華」を「エジプトの恥辱」と考えるようになり、パウロは「神さまの約束」のすばらしさを知り、自らの「栄光の経歴」を「ちりあくた」と思うようになったのです。私たちも、「神様の約束」を知る時、過去の栄光や、最先端の技術も、崇高な知恵も、すべて「恥辱」「ちりあくた」に思えるようになるのです。
 ですから私たちも、新型コロナウイルスの様々な情報に耳を傾けるだけではなく、恵みと祝福に満ちた「神さまの約束のことば」に耳を傾け、今週も歩みましょう。                     (吉持日輪生)

足をしっかりとどめる2020年03月29日

その者たちに命じよ。「ヨルダン川の真ん中、祭司たちが足をしっかりととどめたその場所から十二の石を取り、それらを携えて渡り、あなたがたが今夜泊まる宿営地に据えよ。」          ヨシュア記 4章3節

 この「十二の石」については、イスラエルの12部族から各部族ごとに1名が出され、その12人が、各自石を一つ肩に担いで持って行き、宿営地ギルガルに据えたことが、ヨシュア記4章に記されています。
 そしてその12の石でできた石塚は、「しるし」として残され、後に子どもたちが「この石はどういうものなのですか」(ヨシュア記4章6節)と尋ねると、「ヨルダン川の水が主の契約の箱の前でせき止められたのだ。箱がヨルダン川を渡るとき、ヨルダン川の水はせき止められた。この石はイスラエルの子らにとって永久に記念となるのだ」(ヨシュア記4章7節)と答えるように書かれています。
 まさに「ヨルダン川」という時代の流れに、流されず、その時代の流れをせき止め、そこを渡りきって行くイスラエルの民の姿を、記念にするようにということです。そしてヨシュア記4章はこのようなことばで締めくくられています。

それは、地のあらゆる民が主の手が強いことを知るためであり、あなたがたがいつも、自分たちの神、主を恐れるためである。
                                ヨシュア記 4章24節

 「祭司たちが足をしっかりととどめたその場所から(取られた)十二の石」による石塚。私たちは、それをこの目で見ることはできません。けれども今も、時代に流されず、その流れをせき止め、「神さまのことば」に足をしっかりすえた人たちの証しを読み、聞くことができます。
 「新型コロナウイルスの脅威」という時代の流れの中にあって、私たちも「神さまのことば」という揺るぎない土台に足をしっかりととどめて、今週も歩みましょう。    (吉持日輪生)

かすかに、ほのかにしか見えない契約の箱2020年03月22日

民に命じた。「あなたがたの神、主の契約の箱を見、さらにレビ人の祭司たちがそれを担いでいるのを見たら、自分のいる場所を出発して、その後を進みなさい。あなたがたが行くべき道を知るためである。あなたがたは今まで、この道を通ったことがないからだ。ただし、あなたがたと箱の間に二千キュビトほどの距離をおけ。箱に近づいてはならない。」      ヨシュア記3章3~4節

 いよいよイスラエルの民が、ヨルダン川を渡り、約束の地に入るところです。民に対して神さまは、「あなたがたは今まで、この道を通ったことがない」からこそ、「主の契約の箱を見」て進むようにと促しています。
 「契約の箱」は、新約時代の私たちにとっては「聖書」でしょう。さらに私たちは現在、新型コロナウイルスの恐れの中で、「通ったことのない道」を歩んでいます。そのことを考える時、私たちにとっても「契約の箱」「聖書」を見て歩むことの大切さを教えられます。
 けれどももう一つ読み取るべき点は、「契約の箱」との距離です。「あなたがたと箱の間に二千キュビトの距離をおけ」とあります。「二千キュビト」とは、1キュビトが約44.5㎝ですので、計算すると約890メートルになります。その距離は、ちょうど教会近くのファミリーマートから高瀬川通りを阪急茨木市駅に向かい舟木町交差点までの距離です。また契約の箱の大きさは、長さが約1.1メートル、幅と高さは約67センチです。それを人がかついでも、ファミリーマートから舟木町交差点を見れば、本当に小さくしか見えないことでしょう。
 このことから何を読み取ることができるでしょうか。この距離は、「契約の箱」の圧倒的な聖さを現わしているのでしょうが、同時にかすかに、ほのかにしか見えない「契約の箱」を凝視し、その契約に立って前に進むことの大切さを教えられます。
 「聖書の約束」は、現在の新型コロナウイルスの情報に比べると、本当にかすかに、ほのかにしか見えない「約束のことば」に見えます。しかし、私たちは、神さまの民だからこそ、その「約束」をしっかりと見て、信頼して、通ったことのない道を前に進むのです。今週も、神さまの「約束のことば」から目を離さないで、前進しましょう。    (吉持日輪生)