死を願う時の対処法2022年07月03日

自分(預言者エリヤ)は荒野に、一日の道のりを入って行った。彼は、エニシダの木の陰に座り、自分の死を願って言った。「主よ、もう十分です。私のいのちを取ってください。私は父祖たちにまさっていませんから。」
                          列王記第一 19章4節

 上記聖書箇所の衝撃は、「預言者の中の預言者」と言われる預言者エリヤが、「自分の死を願って」いることです。この状況を作ったのは、アハブ王の妻イゼベルの言動でした。

すると、イゼベルは使者をエリヤのところに遣わして言った。「もし私が、明日の今ごろまでに、おまえのいのちをあの者たちの一人のいのちのようにしなかったなら、神々がこの私を幾重にも罰せられるように。」 
                          列王記第一19章2節

 このようなイゼベルに対して、預言者エリヤは3節で「自分のいのちを救うため立ち去った」とあるように、「生きよう」としています。しかし、そのすぐ後で「自分の死を願って」います。まさにここに「預言者の中の預言者」であっても「人」であると思わされます。私たちも「生きよう」「生きたい」と思いつつも、「死にたい」と考えてしまうことは良くあることです。
 さて、この預言者エリヤの姿から、私たちも「自分の死を願う」ような時の対応を学ぶことができます。まず「死にたい」と預言者エリヤが考えるようになった状況を整理すると、一つは、「自分のいのちを救うため立ち去った」(3節)とあることから、自分の力で生きようとしていたことがわかります。もう一つは、冒頭引用聖書箇所に「私は父祖たちにまさっていませんから」と、「人との比較の中にはまっていたこと」がわかります。
 「自分の力で生きよう、生きたい」と願う時、私たちも「死にたい」と考えてしまいます。また「人との比較の中にはまると」やはり、「死にたい」と考えてしまいます。しかし預言者エリヤは、「死にたい」という思いを、誰にぶつけていたでしょうか。人ではなく、神さまにぶつけています。いのちを与え、いのちを取られる神さまに自分の心の思いを吐露しています。まさにこれが「死にたい」思いへの最高の対処法です。
 私たちにいのちを与え続けてくださっている神さまの前に出る時、自分の力で生きているのではなく、神さまによって生かされていることを知り、生きることのしんどさから解放されます。また神さまは、誰かと比較して私たちを創造されたのではなく、「私を私として」創造してくださったお方であることを知る時、人と比較して生きることのしんどさからも解放されます。
 あなたも「死にたい」という思いが沸き起こる時、預言者エリヤのように神さまに問いかけましょう。そして自分の力で生きようとしたり、人との比較の中で一喜一憂する生き方から解放されましょう。あなたはあなたとして神さまに愛されています。
                  (吉持日輪生)

「すべての営みに時がある」(伝道者の書3章1節抜粋)2022年06月26日

かなりの日数を経て、三年目に、次のような主のことばがエリヤにあった。「アハブに会いに行け。わたしはこの地の上に雨を降らせよう。」  
                          列王記第一 18章1節

 この上記の内容は、17章1節と呼応しています。

ギルアデの住民であるティシュベ人エリヤはアハブに言った。「私が仕えているイスラエルの神、主は生きておられる。私のことばによるのでなければ、ここ数年の間、露も降りず、雨も降らない。」             
                          列王記第一 17章1節

 「ここ数年の間」とあった通り「(霧も、雨も降らなくなって)3年目」に、エリヤを通して雨が降りますが、なぜ神さまは「3年目」という時を選ばれたのでしょうか。しかも18章では、バアルという異教の神との対決において、圧倒的な存在感を示しています。

彼ら(バアルに仕える祭司たち)はますます大声で叫び、彼らの慣わしによって、剣や槍で、血を流すまで自分たちの身を傷つけた。このようにして、昼も過ぎ、ささげ物を献げる時まで騒ぎ立てたが、何の声もなく、答える者もなく、注目する者もなかった。                 
                          列王記第一 18章28~29節

 それに対して聖書の神さまは、次のように存在感を現わしています。

「…私に答えてください。主よ、私に答えてください。そうすればこの民は、主よ、あなたこそ神であり、あなたが彼らの心を翻してくださったことを知るでしょう。」すると、主の火が降り、全焼のささげ物と薪と石と土を焼き尽くし、溝の水もなめ尽くした。     
                          列王記第一 18章37~38節

 これほどまでの圧倒的な存在感を、なぜ神さまはもっと早く現わされなかったのでしょうか。同じような問いは、イエスさまによる贖いの十字架にも抱きます。「なぜもっと早く…」。しかし、神さまの営みには「時がある」のです。

すべてのことには定まった時期があり、天の下のすべての営みに時がある。
                           伝道者の書 3章1節

 今週も、「神さまの時」を、神さまに信頼し、祈りつつ歩みましょう。
                 (吉持日輪生)

預言者エリヤの登場2022年06月19日

ギルアデの住民であるティシュベ人エリヤはアハブに言った。「私が仕えているイスラエルの神、主は生きておられる。私のことばによるのでなければ、ここ数年の間、露も降りず、雨も降らない。」             
                           列王記第一 17章1節

 前章でアハブ王について、「彼以前のだれよりも主の目に悪であることを行なった」(16章30節)、「ネバテの子ヤロブアムの罪のうちを歩むことは軽いことであった」(16章31節)と記されていた通り、最悪の時代に登場した預言者がエリヤでした。
 預言者エリヤは、預言者の中の預言者として新約聖書にもその名前が度々登場するだけでなく、マタイの福音書17章に記されているイエスさまが変貌される場面では、モーセと共にエリヤが現れたことが記されています。

そして、見よ、モーセとエリヤが彼らの前に現れて、イエスと語り合っていた。
                         マタイの福音書17章3節

 預言者エリヤが、列王記第一17章で伝えたかったことは、冒頭引用箇所にも記されている「イスラエルの神、主は生きておられる」というメッセージです。さらに「イスラエルの神、主は生きておられる」ことが、エリヤの日々の食事が烏によって届けられたり、やもめの家の「かめの粉は尽きず、壺の油はなくならなかった」ことを通しても、明らかにされていきます。
 そしてこの章の後半で、そのやもめの息子が病気になり亡くなる中で、預言者エリヤの祈りが献げられます。

彼(エリヤ)は主に叫んで祈った。「私の神、主よ。私が世話になっている、このやもめにさえもわざわいを下して、彼女の息子を死なせるのですか。」そして、彼は三度その子の上に身を伏せて、主に叫んで祈った。「私の神、主よ。どうか、この子のいのちをこの子のうちに戻してください。」
                        列王記第一17章20~21節

 この祈りを通して「やもめの息子」は生き返ります。つまりエリヤを通して、「神さまは、生きておられること」、そして「いのちの管理者、責任者であること」が明らかにされます。
 今週も、「主は生きておられ、私たちにいのちを与え続けてくださるお方」であることを信じつつ歩みましょう。                (吉持日輪生)

この流れにあらがう2022年06月12日

彼にとっては、ネバテの子ヤロブアムの罪のうちを歩むことは軽いことであった。それどころか彼は、シドン人の王エテバアルの娘イゼベルを妻とし、行ってバアルに仕え、それを拝んだ。
                       列王記第一 16章31節

 列王記第一16章では、イスラエル(北王国)のことだけが記されていて、やはり目まぐるしく王様が変わっています。前章からのバアシャ王 → エラ王 → ジムリ王 → オムリ王 → アハブ王 です。
 また聖書は、それぞれの王様の神さまに対する姿勢も記しています。バアシャ王に対しては、「ヤロブアムの道に歩み」(2節)とあり、エラ王に対しては、父であるバアシャ王と同じ罪の道を歩んだことが記されています。そのエラ王は、家来のジムリに殺されジムリが王となります。
 そのジムリ王について聖書は、「ヤロブアムの道に歩んだ」(19節)と記しています。ジムリ王の次のオムニ王については、「彼以前のだれよりも悪いことをした」(25節)、「ネバテの子ヤロブアムのすべての道に歩み」(26節)と書かれています。
 そしてこの章最後に紹介されている、オムリ王の子どもアハブ王ですが、彼について聖書は、「彼以前のだれよりも主の目に悪であることを行なった」(30節)、「ネバテの子ヤロブアムの罪のうちを歩むことは軽いことであった」(31節)と記しています。
 このように列王記第一16章は、イスラエル(北王国)が、悪の中に、どんどんと沈んでいく様子が記されています。「ヤロブアムの道に歩み」→「ヤロブアムのすべての道に歩み」→「ヤロブアムの罪のうちを歩むことは軽いことであった」。
 しかしこのような姿は、数千年前のイスラエルの話だけではなく、今も続いていることです。罪が罪を生み、悪が悪を深めていく様子。これは、私たちが接している社会の中にも、また私たちの心の中にもあります。だからこそ、私たちは7日に1回、神さまの前に出て、心の中を点検することで、この流れにあらがい、流されないようにする必要があるのです。
 今日も、神さまの前に心を整え、今日から始まる一週間を歩み始めましょう。
                              (吉持日輪生)

恵み豊かな神さま2022年06月05日

しかし、ダビデに免じて、彼の神、主は、彼のためにエルサレムに一つのともしびを与えて、彼の跡を継ぐ子を起こし、エルサレムを堅く立てられた。
                       列王記第一 15章4節

 列王記第一15章は、イスラエル(北王国)も、またユダ(南王国)も、目まぐるしく王様が変わっています。
 まずユダ(南王国)の王は、レハブアム王 → アビヤム王 → アサ王 → ヨシャファテ王と変わっています。
 またイスラエル(北王国)の王は、ヤロブアム王 → ナダブ王 → バアシャ王と変わっています。
 またそれぞれの王と神さまとの関係も記されていて、ユダ(南王国)のアビヤム王について聖書は「かつて自分の父が行ったあらゆる罪のうちを歩み、彼の心は父祖ダビデの心のように、彼の神、主と一つにはなっていなかった」(3節)とあり、またアサ王については「父祖ダビデのように、主の目にかなうことを行った」(11節)とあります。一方イスラエル(北王国)の方は、ナダブ王について「彼は主の目に悪であることを行い、彼の父の道に歩み、父がイスラエルに犯させた罪の道を歩んだ」(26節)とあります。またバアシャ王は、ナダブ王を殺し、代わって王となっています。またそれだけではなく「ヤロブアムの全家を討ち、ヤロブアムに属する息ある者を一人も残さず、根絶やしにした」(29節)とあります。
 しかし、冒頭の聖書箇所にある通り「ダビデに免じて」、神さまは、ユダ(南王国)も、イスラエル(北王国)も守られています。十戒の中にある神さまのことばを思い出します。

あなたは自分のために偶像を造ってはならない。(中略)それらを拝んではならない。それらに仕えてはならない。あなたの神、主であるわたしは、ねたみの神。わたしを憎む者には父の咎を子に報い、三代、四代にまで及ぼし、わたしを愛し、わたしの命令を守る者には、恵みを千代にまで施すからである。
                  出エジプト記20章4~6節(抜粋)

 「父の咎を子に報い、三代、四代にまで」に対して、恵みは「千代にまで」です。
「神さまの恵み」の豊かさを教えられます。
 今週も年間聖句にあるように、「あらゆる恵みをあふれるばかりに与えることがおできになる」神さまを見上げて歩みましょう。         (吉持日輪生)

植え、引き抜き、また再び植えてくださる神さま2022年05月29日

主はイスラエルを打って、水に揺らぐ葦のようにし、彼らの先祖に与えられたこの良い地の面からイスラエルを引き抜き、あの大河の向こうに散らされるでしょう。彼らがアシェラ像を造って主の怒りを引き起こしたからです。
                      列王記第一 14章15節

 上記聖書箇所の「彼らの先祖に与えられたこの良い地」について、聖書は次のように書いています。

わたしが下って来たのは、エジプトの手から彼らを救い出し、その地から、広く良い地、乳と蜜の流れる地に、(中略)彼らを導き上るためである。 
                     出エジプト記 3章8節

 神さまは、イスラエルの民をエジプトから脱出させるだけでなく、「広く良い地」「乳と蜜の流れる地」に導かれました。しかし、ヤロブアムの時代になり、神さまの教えから大きく離れていく中、「先祖に与えられたこの良い地の面からイスラエルを引き抜き、あの大河の向こうに散らされる」と語られています。
 聖書の神さまは、下記の聖書箇所にある通り、植える方であり、また引き抜くお方です。旧約聖書を読んでいると植える神さまは、引き抜く神さまであるけれども、また再び植えてくださる神さまであることが記されています。

かつてわたしが、引き抜き、打ち倒し、打ち壊し、滅ぼし、わざわいを下そうと彼らを見張っていたように、今度は、彼らを建て直し、また植えるために見張る──主のことば──。                エレミヤ書 31章28節

 私たちも、たとえ神さまに引き抜かれることがあっても、再び神さまによって恵みの「流れのほとりに植えられた(移植された)木」(詩篇1篇3節)となれるように、悔い改めと罪の赦しをいただいて、今週も歩もう。

その人は 
流れのほとりに植えられた木。
時が来ると実を結び 
その葉は枯れず 
そのなすことはすべて栄える。      詩篇 1篇3節
                             (吉持日輪生)

身をもって伝える預言者たち2022年05月22日

彼は、ユダから来た神の人に呼びかけて言った。「主はこう言われる。『あなたは主のことばに背き、あなたの神、主が命じた命令を守らず、引き返して、主があなたに、パンを食べてはならない、水も飲んではならないと言った場所でパンを食べ、水を飲んだので、あなたの亡骸は、あなたの先祖の墓には入らない。』」      
列王記第一 13章21~22節

 列王記第一13章には、上記に記されている「ユダから来た神の人」と、「一人の年老いた預言者」(11節)が登場します。「ユダから来た神の人」は、「パンを食べてはならない。水も飲んではならない。また、もと来た道を通って帰ってはならない」(9節抜粋)という主からのことばに忠実に、パンも水も口に入れることなく、来た道と別の道で帰り始めていました。そこに「一人の年老いた預言者」が来て、次のように語ります。

彼(一人の年老いた預言者)はその人(ユダから来た神の人)に言った。「私もあなたと同じく預言者です。御使いが主のことばを受けて、私に『その人をあなたの家に連れ帰り、パンを食べさせ、水を飲ませよ』と告げました。」こうして彼はその人をだました。                    列王記第一13章18節

 だまされた「ユダから来た神の人」は、「一人の年老いた預言者」と同じ預言者でしたが、その後、獅子に殺されてしまいます。なんとも後味の悪い、理解に苦しむ内容となっています。
 この章を理解する上で参考になる個所は、下記のことばです。

この民を導く者は迷わす者となり、彼らに導かれる者は惑わされる者となる。
                            イザヤ書9章16節

 民を導く王が、「迷わす者」となる時、王に導かれる者(民)が「惑わされる」という状況を、そしてそれが「死」「滅び」につながることを預言者たちが身をもって示したのでしょう。そしてこの「身をもって」伝えた預言者たちの姿が記されている列王記第一13章には、イエスさま誕生ストーリーの中で聞くフレーズが何度も登場しています。「一人の男の子がダビデの家に生まれる」(2節)、「もと来た道を通って帰ってはならない」(9節、10節、17節)。身をもってメッセージを伝えた預言者たちの姿の先に、身をもって救いの道を用意してくださったイエスさまを覚えます。
 私たちも身をもって、その恵みに応えていきましょう。(吉持日輪生)

主に信頼することを失う時2022年05月15日

王(レハブアム)は民に厳しく答え、長老たちが彼に与えた助言を退け、若者たちの助言どおりに彼らに答えた。「私の父がおまえたちのくびきを重くしたのなら、私はおまえたちのくびきをもっと重くする。私の父がおまえたちをむちで懲らしめたのなら、私はサソリでおまえたちを懲らしめる。」
                     列王記第一 12章13~14節

 この章からイスラエル王国が、北王国と南王国に分かれていきます。この時代は、登場人物の整理が必要なので、なるべくその情報も紹介しながら、読み進めたいと思います。
*レハブアム:ソロモン王の子で、ソロモン王の後継王、イスラエル南王国の王となる
 ヤロブアム:イスラエル北王国の最初の王、民を偶像崇拝にと進ませた王

 さて上記聖書箇所は、ソロモン王の後継者となったレハブアム王が、ソロモン王時代からの長老たちの助言よりも、自分とともに育った若者たちの助言に従った個所です。結果的にこの判断が、イスラエルの国を北と南に分裂させることになりました。けれども、このイスラエル王国が南北に分裂することは、列王記第一11章に記されていました。

ヤロブアムに言った。「十切れを取りなさい。イスラエルの神、主はこう言われる。『見よ。わたしはソロモンの手から王国を引き裂き、十部族をあなたに与える。
                          列王記第一11章31節

 しかし、このように神さまによってイスラエルの10部族を託されたヤロブアムでしたが、12章後半を読み進めると、イスラエルの民を偶像崇拝にと強く向かわせてしまうことになります。そのような間違った道に民を進める原点は、神さまへの信頼を失った、自分の知恵による保身からでした。

この民が、エルサレムにある主の宮でいけにえを献げるために上ることになっているなら、この民の心は彼らの主君、ユダの王(南王国)レハブアムに再び帰り、彼らは私を殺して、ユダの王レハブアムのもとに帰るだろう。       列王記第一12章27節

 全能なる神さまへの信頼を失い、自分の身を自分の知恵で守ろうとする時、人の歩みは混沌としていきます。今週も神さまに信頼して歩みましょう。(吉持日輪生)

主と心を一つにしよう2022年05月08日

ソロモンが年をとったとき、その妻たちが彼の心をほかの神々の方へ向けたので、彼の心は父ダビデの心と違って、彼の神、主と一つにはなっていなかった。
                       列王記第一 11章4節

 列王記第一11章には、栄華を極めたソロモン王の晩年のことが記されています。上記聖書箇所に「ソロモンが年をとったとき」とある通りです。晩年のソロモン王について聖書は、はっきりとこのように書いています。「彼(ソロモン王)の心は父ダビデの心と違って、彼の神、主と一つにはなっていなかった」と。
 ちょうど数週間前に取り上げた「列王記第一8章」には、神殿を建て上げ、「契約の箱」などを神殿の中に運び入れたソロモン王が、イスラエルの民に熱く語る姿と言葉が記されていました。その中で、ソロモン王は自らこのように語っています。

あなたがたは、今日のように、私たちの神、主と心を一つにし、主の掟に歩み、主の命令を守らなければならないのです。         列王記第一8章61節

 つまりソロモン王は、「私たちの神、主と心を一つにし」と自ら語りながら、晩年「彼の神、主と一つにはなっていなかった」ということです。その理由は、冒頭聖書箇所にも記されている通り「妻たちが彼の心をほかの神々の方へ向けた」からでした。そしてさらに驚かされるのは、その妻と側女の数です。

彼には、七百人の王妃としての妻と、三百人の側女がいた。その妻たちが彼の心を転じた。                       列王記第一11章3節

 このようなソロモン王に対して、神さまは何もされなかったのではありません。

主はソロモンに怒りを発せられた。それは彼の心がイスラエルの神、主から離れたからである。主が二度も彼に現れ、このことについて、ほかの神々に従っていってはならないと命じておられたのに、彼が主の命令を守らなかったのである。
 列王記第一11章9~10節

 私たちも、罪を犯します。そのような中、神さまは、様々な方法、様々な形で語り掛けてくださいます。その時、ソロモンのように心をかたくなにしないで、「主と心を一つにし」、素直に、子どものように、神さまの語り掛けに応え、罪から離れましょう。                (吉持日輪生)

神さまの目と心2022年04月24日

主は彼に言われた。「あなたがわたしの前で願った祈りと願いをわたしは聞いた。わたしは、あなたがわたしの名をとこしえに置くために建てたこの宮を聖別した。わたしの目と心は、いつもそこにある。           列王記第一 9章3節

 「わたし(神さま)の目と心は、いつもそこに(宮)にある」。このことばは、ソロモン王の時代だけに有効なものだったのでしょうか。そうではありません。2022年の今も変わることなく、「神さまの目と心」は、エルサレムの神殿に向けられています。私たちは、そのことを次のことから知ることができます。一つは、「エルサレム」という町が今も存在していること。もう一つは、そこに神殿があり、今も「祈りの場所」(「嘆きの壁」のこと)で、聖書の神さまへの祈りが献げられ続けていることです。
 しかし、新しい契約、つまり神さまと私たちとの、主イエス・キリストによる契約の中にあって、このことばの適応は、さらに広げられました。

あなたがたは、自分が神の宮であり、神の御霊が自分のうちに住んでおられることを知らないのですか。           コリント人への手紙第一 3章16節

あなたがたは知らないのですか。あなたがたのからだは、あなたがたのうちにおられる、神から受けた聖霊の宮であり、あなたがたはもはや自分自身のものではありません。                 コリント人への手紙第一 6章19節

 私たちのからだは「神の宮」であり、「聖霊の宮」です。だからこそ神さまは、私たち一人ひとりに「神さまの目と心」を注いでいてくださるのです。70億人以上いる一人ひとりに「目と心」を向けることができるのは、神さまが全能だからです。そして一人ひとりに「目と心」を向けられる神さまは、宇宙にも「目と心」を向けられ、統制をとっておられます。それができるのも、神さまが全能だからです。
 今週も、全能なる神さまの目と心が私に向けられていることを覚えつつ、日々そのような神さまに祈りを献げつつ、知恵をいただいて歩みましょう。(吉持日輪生)