待ち切る信仰2021年05月02日

サウルは、サムエルがいることになっている例祭まで、七日間待ったが、サムエルはギルガルに来なかった。それで、兵たちはサウルから離れて散って行こうとした。           サムエル記第一 13章8節

 サウルは、サムエル記第一10章で、預言者サムエルから油を注がれイスラエルの王としての歩みが始まります。その時、預言者サムエルからこのようなことが語られていました。
私より先にギルガルに下って行きなさい。私も全焼のささげ物と交わりのいけにえを献げるために、あなたのところへ下って行きます。私があなたのところに着くまで、そこで七日間待たなければなりません。それからあなたがなすべきことを教えます。」                    サムエル記第一 10章8節

 このことは、サムエル記第一11章で、次のように確かに行われました。

サムエルは民に言った。「さあ、われわれはギルガルに行って、そこで王政を樹立しよう。」 民はみなギルガルに行き、ギルガルで、主の前にサウルを王とした。彼らはそこで、主の前に交わりのいけにえを献げた。サウルとイスラエルのすべての者は、そこで大いに喜んだ。         
                      サムエル記第一11章14~15節

 それから2年後、同じような場面にサウル王は置かれました。それがこのサムエル記第一13章ですが、今回は、待っても待っても預言者サムエルが現れず、サウル王は、サムエルが来る前にささげ物を献げてしまいます。聖書はその場面をこのように記しています。「彼(サウル王)が全焼のささげ物を献げ終えたとき、なんと、サムエルが来た」(10節)。預言者サムエルは間に合って来たのですが、サウル王は待ち切れなかったということです。そのためサウル王は、預言者サムエルから「あなたは、何ということをしたのか」(11節)、「愚かなことをしたものだ」(13節)、「今や、あなたの王国は立たない」(14節)と語られます。
 私たちも主の約束を待ち望み、さらに待ち切る信仰をもって今週も歩みましょう。 (吉持日輪生)

証人は主である2021年04月25日

サムエルは彼らに言った。「あなたがたが私の手に何も見出さなかったことについては、今日、あなたがたの間で主が証人であり、主に油注がれた者が証人である。」そこで、ある人が「証人は」と言うと、サムエルは「主である。モーセとアロンを立てて、あなたがたの先祖をエジプトの地から上らせた方である」と民に告げた。
                      サムエル記第一 12章5~6節

 この章の冒頭、預言者サムエルは、自らの歩みについて民に語り掛けています。「私は若いときから今日まで、あなたがたの先に立って歩んできた」(2節後半)。そして下記の個所にとつながります。

さあ今、主と主に油注がれた者の前で、私を訴えなさい。私はだれかの牛を取っただろうか。だれかのろばを取っただろうか。だれかを虐げ、だれかを打ちたたいただろうか。だれかの手から賄賂を受け取って自分の目をくらましただろうか。もしそうなら、あなたがたにお返しする。」彼らは言った。「あなたは私たちを虐げたことも、踏みにじったことも、人の手から何かを取ったこともありません。」
                      サムエル記第一 12章3~4節

 そして、この預言者サムエルと民とのやり取りの続きが冒頭聖書箇所になります。預言者サムエルの歩みに対する「証人」について、「主が証人であり」「証人は…主である」と書かれています。

 これは預言者サムエルと民との間のことだけではありません。神さまの主権を認める時、すべて「主が証人」です。ですから私たちは、日々の生活の中で沸き起こる一つ一つのことについて、その出来事の「証人」である神さまに、「なぜですか」「どこに意味があるのですか」と問いかけるしかないのです。
 コロナ禍の中にあっても同様です。この出来事、この状況の「証人」も主だからこそ、主に問いかけつつ、主に一つ一つのことを教えていただいて日々歩むしかありません。今週も、お一人おひとりが、神さまの御手の中で守られますようにお祈りしています。                        (吉持日輪生)

人間的な「怒り」は退ける2021年04月18日

民はみなギルガルに行き、ギルガルで、主の前にサウルを王とした。彼らはそこで、主の前に交わりのいけにえを献げた。サウルとイスラエルのすべての者は、そこで大いに喜んだ。          サムエル記第一 11章15節

 上記聖書箇所は、王さまを求めていたイスラエルに、ついに王さまが立てられた喜びが記されている個所です。「そこで大いに喜んだ」。
 「聴くドラマ聖書」のアプリでこの個所を聞いた時、「?」と思いました。そして聞き直して、「聖書にはこんなダジャレの個所もあるんだ」と思わず笑いました。私には、そこが「王位に喜んだ」と聞こえたからです。
 ダジャレのことは、そこまでにして、この11章には、二つの「怒り」が記されています。一つは6節、もう一つは12節です。

サウルがこれらのことばを聞いたとき、神の霊がサウルの上に激しく下った。彼の怒りは激しく燃え上がった。            サムエル記第一 11章6節

民はサムエルに言った。「『サウルがわれわれを治めるのか』と言ったのはだれでしたか。その者たちを引き渡してください。彼らを殺します。」 
                             サムエル記第一 11章12節

 6節の「怒り」は、神さまの霊による「怒り」で、12節の「怒り」は人間的な「怒り」と言えます。そして神さまは、サウルにその「怒り」の出所を理解する力を与えてくださっていました。

 サウルは言った。「今日はだれも殺されてはならない。今日、主がイスラエルにおいて勝利をもたらしてくださったのだから。」   
                            サムエル記第一 11章13節

 私たちも日々の生活の中で「怒り」を覚えますが、その「怒り」がどこから来ているのかを祈りつつ峻別し、人間的な「怒り」に流されないように気を付けましょう。                        (吉持日輪生)

共にいてくださる神さまと共に歩む道2021年04月11日

主の霊があなた(サウル)の上に激しく下り、あなた(サウル)も彼らと一緒に預言して、新しい人に変えられます。これらのしるしがあなた(サウル)に起こったら、自分の力でできることをしなさい。神があなたと(サウル)ともにおられるのですから。      サムエル記第一 10章6~7節

 上記聖書箇所は、「主の霊が…激しく下った」後のサウルが、どのように歩んだらよいか、神さまがサウルに語られているところです。新約聖書的に言うとサウルが「聖霊に満たされた」後、どのように歩むべきかということでしょう。ペンテコステの時の様子と重なります。
 そのような状況のサウルに神さまは、「自分の力でできることをしなさい」と語られています。ここに聖書が語る信仰者の基本的な姿勢が見えてきます。「ともにいてくださる神さまを信じて歩む」とは、また「聖霊に満たされて歩む」とは、何もしないで神さまの御心を求め、待つことではなく、まさに神さまがサウルに語られているように「自分の力でできることをする」ことです。

 マルコの福音書14章に記されているベタニア村の300デナリ以上するナルドの香油をイエスさまに注いだ「ある女」へのイエスさまのお言葉も思い出します。

彼女は、自分にできることをしたのです。埋葬に備えて、わたしのからだに、前もって香油を塗ってくれました。      マルコの福音書14章8節

 私たちも今週、インマヌエル(主はともにおられる)の神さまを覚えつつ「自分の力でできること」「自分にできること」をし続けましょう。神さまは、必ずそこに豊かな御業を現わしてくださいます。    (吉持日輪生)

神さまのなさることは不思議2021年04月04日

サウルは答えて言った。「私はベニヤミン人で、イスラエルの最も小さい部族の出ではありませんか。私の家族は、ベニヤミンの部族のどの家族よりも、取るに足りないものではありませんか。どうしてこのようなことを私に言われるのですか。」                  サムエル記第一 9章21節

 イスラエルの最初の王となるサウルは、ベニヤミン族出身でした。このベニヤミン族について、旧約聖書において「サムエル記第一」の2つ前にある「士師記」に、それも「士師記」最後の20~21章に、「ベニヤミン族の危機」が記されています。イスラエルが霊肉共に荒廃していた中での出来事として「あるレビ人のそばめへの乱暴」が起こります。それを行ったのがベニヤミン族だったため、ベニヤミン族以外の部族からの攻撃を受け、部族は大ダメージを受けるという内容です。その士師記21章最後の言葉が、次のようなものでした。

そのころ、イスラエルには王がなく、それぞれが自分の目に良いと見えることを行っていた。                   士師記 21章25節

 「イスラエルには王がなく、それぞれが自分の目に良いと見えること」を行った結果としての「ベニヤミン族の危機」でしたが、そのイスラエルの最初の王様にベニヤミン族からサウルが選ばれていくというのは、何とも神さまのなさることは不思議です。
 ちなみに新約聖書に登場するベニヤミン族の有名人は誰かわかりますでしょうか。

それでは尋ねますが、神はご自分の民を退けられたのでしょうか。決してそんなことはありません。この私(パウロ)もイスラエル人で、アブラハムの子孫、ベニヤミン族の出身です。         ローマ人への手紙 11章1節

 イエスさまの十字架、復活、昇天という神さまの不思議な御業を覚えつつ、私たちの歩みの中にも、その神さまの不思議な御業が現わされることを信じて、今週も歩みましょう。                (吉持日輪生)

拒む前にすべきこと2021年03月28日

主はサムエルに言われた。「民があなたに言うことは何であれ、それを聞き入れよ。なぜなら彼らは、あなたを拒んだのではなく、わたしが王として彼らを治めることを拒んだのだから。…」               サムエル記第一 8章7節

 当時のイスラエル社会の霊的指導者であった預言者サムエル。そのサムエルに民が語った内容が、下記のものでした。

彼に言った。「ご覧ください。あなたはお年を召し、ご子息たちはあなたの道を歩んでいません。どうか今、ほかのすべての国民のように、私たちをさばく王を立ててください。」                    サムエル記第一 8章5節

 預言者サムエルが、しっかり自分の子どもたちを育てていれば、民から拒まれることはなかったのでしょうが、そうではなかったからこそ、民は「ほかのすべての国民のように…王を立ててください」と語っているのです。
 その民の思いが、サムエルには「悪しきこと」と見えたので、神さまに祈ります。その祈りの答えが、冒頭聖書箇所です。このやり取りの中で注目したいことは、「民が王を求めること」の神さまの前における見え方です。
 それは、「あなた(サムエル)を拒んだのではなく、わたし(神さま)を拒んだ」という見え方です。同じような表現が、出エジプト記にも記されています。

モーセはまた言った。「(中略)あなたがたの不平は、この私たちに対してではなく、主に対してなのだ。」                出エジプト記 16章8節

 ここでも民のモーセに対する不平が、「この私たち(モーセたち)に対してではなく、主に対してなのだ」とあります。批判的、拒否的になりやすい私たちも気を付けないと、神さまの目には、「主に対して」の批判、拒否と受けとめられているのかもしれません。批判する前に、拒む前に私たちがなすべきこと、それは「祈り」です。神さまに祈ることです。今週も、教会のリーダーたちのために、また行政のリーダーたちのために祈りましょう。        (吉持日輪生)

あなたにとっての「エベン・エゼル」2021年03月21日

サムエルは一つの石を取り、ミツパとエシェンの間に置き、それにエベン・エゼルという名をつけ、「ここまで主が私たちを助けてくださった」と言った。                  
                          サムエル記第一 7章12節

 教会でよく歌われる賛美の中に「望みも消え行くまでに」(聖歌604番)という賛美があり、その歌詞の一部に「数えよ主の恵み 数えよ主の恵み 数えよ一つずつ 数えてみよ主の恵み」とあります。「エベン・エゼル」の石は、それを見る者たちの心に「ここまで主が私たちを助けてくださった」ことを思い返し、感謝を献げる場所となったことでしょう。
 では実際、サムエル記第一7章には記されている「神さまの助け」はどのようなものだったでしょうか。「主の箱を運び上げ」(1節)とあるように「主の箱(契約の箱)」がイスラエルのキルヤテ・エアリムに戻ってきたこと。「箱がキルヤテ・エアリムにとどまった日から長い年月がたって、二十年になった」(2節)こと。また「イスラエルの全家は主を慕い求めていた」(2節)とあり、しかもその立ち返りは、さらに「もしあなたがたが、心のすべてをもって主に立ち返るなら」(3節)と語れる状況になっていたこと。そしてその語りかけに対してイスラエル人は、「『私たちは主の前に罪ある者です』と言った」(6節)と罪を認めるまでに至っています。
 「エベン・エゼル」の石に込められていた「ここまで主が私たちを助けてくださった」(12節)の中には、「罪の自覚」「罪の告白」まで助け導いてくださった思いがあったと考えられます。
 あなたの日々の信仰生活において、「エベン・エゼル」の石があるでしょうか。ぜひ、罪を自覚し、罪の告白に至る「石」を定めて、今週も歩ませていただきましょう。 (吉持日輪生)

今から3千年前も・・・2021年03月14日

人々は言った。「私たちが送るべき償いのものは何ですか。」彼らは言った。「ペリシテ人の領主の数に合わせて、五つの金の腫物、つまり五つの金のねずみです。彼ら全員、つまりあなたがたの領主たちに、同じわざわいが下ったのですから。あなたがたの腫物の像、つまり、この地を破滅させようとしているねずみの像を造り、それらをイスラエルの神に貢ぎとして献げなさい。 サムエル記第一 6章4~5節a

 上記聖書箇所の「腫物」「ねずみ」から、私たちは、ねずみによる感染症が、この地を襲ったのではないかと想像できます。ねずみによる感染症で、有名なのはペスト(黒死病)ですが、「黒死病」と名付けられたように、その感染症は皮膚が黒くなることが特徴です。しかし、上記聖書箇所の記述では「腫物」と表現されているため、この個所におけるねずみによる感染症は、皮膚に「腫物」が発症したと考えられます。そこでインターネットで検索すると、「鼠咬症(そこうしょう)」という病気が、この記述と重なります。

鼠咬症にかかると、原因菌がスピリルムの場合は、感染から1~2週間で高熱、潰瘍、局所リンパ節の腫脹が起こります。また、原因菌がストレプトバチルスの場合は、感染から10日以内に高熱、頭痛、関節炎、局所リンパ節の腫脹が起こります。
   「ネズミが原因の感染症とは!」(https://sq.jbr.co.jp/library/128)より

 「局所リンパ節の腫脹」が、「腫物」と重なるのかもしれません。ただ、今から3千年前のことですから、よくわからない点が多々ありますが、強く想像できることは「ペリシテ人の地」が感染症で打たれたということです。
 そして、この出来事から3千年たった今、まさに私たちも感染症に悩まされています。そして、今も、聖書を通して神さまが、私たちに語られている言葉は、サムエル記第一6章に記されていることばと同じでしょう。「なぜ、あなたがたは、エジプト人とファラオが心を硬くしたように、心を硬くするのですか」(サムエル記第一6章6節a)。
 コロナウイルスの災いを経験した私たちも、心を硬くしないで、神さまの前に悔い改めるべきことを悔い改め、神さまのことばに耳を傾けつつ、日々歩む者へと変えられていきましょう。                   (吉持日輪生)

「神の箱」から見えてくること2021年03月07日

それからペリシテ人は神の箱を取り、ダゴンの神殿に運んで来て、ダゴンの傍らに置いた。アシュドデの人たちが、翌日、朝早く起きて見ると、なんと、ダゴンは主の箱の前に、地にうつぶせになって倒れていた。そこで彼らはダゴンを取り、元の場所に戻した。                サムエル記第一 5章2~3節

 上記聖書箇所の「神の箱」「主の箱」は、出エジプト記25章10節以降に記されている「箱」のことで、「契約の箱」と言われるものです。そしてその「箱」の中には「さとしの板」(十戒の板)が入れられました。
 そのように大切な「神の箱」が奪われてしまいますが、異国の地における「神の箱」の存在は、異教の偶像ダゴンを倒し、また住民を死の恐慌と腫物で打ちました。
 しかし「神の箱」は、決して神さまではありません。ではなぜこのようなことが起こったのでしょうか。
 そのことを理解するのに参考になるのが、旧約聖書列王記第一8章27節以降です。そこにはソロモン王が建てた神殿についての祈りが献げられています。

そして、この宮、すなわち『わたしの名をそこに置く』とあなたが言われたこの場所に、夜も昼も御目を開き、あなたのしもべがこの場所に向かってささげる祈りを聞いてください。                   列王記第一8章29節

 神さまは、目を開いて「神の箱」や、「神殿」をご覧になり、そこで、またはそこに向かって献げる祈りを聞いてくださるのです。ですからやはり「神の箱」は、神さまではなく、ただただ神さまが目を留め続けてくださる場所となります。
 そのつながりで以下の聖書箇所を読む時、イエスさまに、そして私たちにも目を留め続けてくださる神さまの姿が見えてきます。

しかし、イエスはご自分のからだという神殿について語られたのであった。
                         ヨハネの福音書2章21節

あなたがたは、自分が神の宮であり、神の御霊が自分のうちに住んでおられることを知らないのですか。           コリント人への手紙第一3章16節

 神さまが、私に目を留め続けてくださり、私たちの祈りを聞いてくださることを覚えつつ、今週も歩みましょう。               (吉持日輪生)

神さまの栄光は去るようで去らない2021年02月28日

彼女は、「栄光がイスラエルから去った」と言って、その子をイ・カボデと名づけた。これは、神の箱が奪われたこと、また、しゅうとと夫のことを指したのであった。彼女は言った。「栄光はイスラエルから去った。神の箱が奪われたから。」
                     サムエル記第一 4章21~22節

 上記聖書箇所の「彼女」とは、エリの息子ピネハスの妻のことです。妻は、夫であるピネハスの日々の行いを間近で見ていました。そしてかつて神さまがサムエルに告げられた預言についても知っていたかもしれません。
主はサムエルに言われた。「見よ、わたしはイスラエルに一つのことをしようとしている。(中略)その日わたしは、エリの家についてわたしが語ったことすべてを、初めから終わりまでエリに実行する。わたしは、彼の家を永遠にさばくと彼に告げる。それは息子たちが自らにのろいを招くようなことをしているのを知りながら、思いとどまらせなかった咎のためだ。だから、わたしはエリの家について誓う。エリの家の咎は、いけにえによっても、穀物のささげ物によっても、永遠に赦されることはない。」             
                    サムエル記第一 3章11~14節(抜粋)

 まさにこの神さまの預言通り「その日」の出来事が起きてしまったからこそ、ピネハスの嫁は恐れ、そして「栄光がイスラエルから去った」とつぶやいたのでしょう。しかし、このイスラエルという国は、今も中東において存在しています。ここにこそ大きな神さまのメッセージがあります。神さまが選んだというイスラエルの民は、常に紆余曲折を経験し、捕囚、離散を何度も経験し、国土を失うこともありましたが、しかし神さまの愛と憐みのゆえに、今も存在しているのです。

しかし、あなたはその大いなるあわれみにより、彼らを滅ぼし尽くすことはせず、お見捨てにもなりませんでした。あなたは、情け深くあわれみ深い神です。
                          ネヘミヤ書 9章31節

 あなたを選んでくださった神さまは、あなたに対しても同じようにあわれみ深い神さまとして共に歩んでくださいます。             (吉持日輪生)