家族から受けた影響を知ること2019年04月21日

力の限り、見張って、あなたの心を見守れ。いのちの泉はこれからわく。                 箴言 4章23節       

 バルナバコース第8課は「家族と育った環境、過去の経験の影響を知る」というタイトルで、生まれ育った家族から受けた影響や、過去の経験が私たちの性格や人格の形成にどう関わって来たかについて学びます。「なぜ家族なのか?」と質問される方もおられると思います。前回まで複数回にわたって「怒り」について学んできましたが、「怒り」といった感情がどのようにその人に表れてくるかは、その人自身の気質と同時に、その人が育った家庭環境が大きく影響していることがあります。例えば、私が生まれ育った家庭においては、声を荒げて怒りを表現することは滅多に起こりませんでした。そのような家庭に育ったがゆえに、家庭以外の世界(職場やその他の人間関係)において、怒りを爆発させている場面に遭遇すると、動揺してしまったり、その動揺を表(顔)には出さなくても、後でとても落ち込んだり、心が傷つくようなことが度々あったことを覚えます。逆に「怒り」が表現されない環境に育つと、「怒り」が沈黙や無視といった行動に導き、時には冷笑的な態度に導くことがあります。両親や育った家庭の価値観や行動を引き継いでいたとしても、逆に、反面教師として全く違う価値観を持ち、行動しようと努力してきたとしても、家族や育った環境から受けた影響は大きいと言えます。私自身は「怒り」を面に出さないという家族の文化を長年に渡って、良い気質だと思い込んでいました。しかし、30代を過ぎてから自分の中に押し込めて来た「怒り」が、私の行動や発言に深く影響していることを知り、そこから発生する問題や課題に取り組むようになってから、もう一度自らの育った環境や家族の気質について振り返る時間を持つようになりました。箴言の著者は、「力の限り、見張って、あなたの心を見守れ。」と語ります。私たちは信仰をもって、自らの心を見張り、見守る責任があり、いのちの泉が私たちの人生の歩みを通して湧き出る祝福を神さまから頂きたいと思います。次回は、私たちの心の中の「水面下を見る」というテーマについて考えます。(笠川路人)

怒りと赦しの関係を知る2019年04月14日

互いに忍び合い、だれかがほかの人に不満を抱くことがあっても、互いに赦し合いなさい。主があなたがたを赦してくださったように、あなたがたもそうしなさい。              コロサイ人への手紙 3章13節       

 「怒り」と「赦し」には深い関係があります。「怒り」という感情が起こるたびに、私たちは「赦し」という課題に直面します。表面上は、怒りを引き起こした侵害に対して、赦しを宣言しても、心の中には怒りの感情が残ることがあります。もし、私たちが「怒り」という感情に対して、正しく向き合い、「怒り」が引き起こす諸問題を解決したいと願うならば、人間の罪に対する神さまの「赦し」を知る必要があります。神さまの価値を侵害し続けてきた人間に対して、神さまは御子イエス・キリストの十字架の死による贖いを通して、その罪を完全に赦してくださいました。この罪の赦しによって神さまの怒りと裁きから救われることは福音であり、恵みです(ローマ人への手紙5章9節を参照)。そしてこの救いを、信仰をもって受け取った者に対して語られるのが、コロサイ人への手紙3章13節のみことばです。
 「主があなたがたを赦してくださったように、あなたがたもそうしなさい。」と言われても、神さまと同じように他人を赦すことは到底できないと思います。特に「怒り」という感情を抱えると、「赦せない」状況が続くのはしばしばです。しかし、覚えるべきことは「赦せない」課題を抱える私たちをも、神さまは赦して下さり、「互いに赦し合いなさい」と励まして下さっている事実です。そして「赦し」はその人を愛することの実践であることを覚える時に、「怒り」という課題を抱える度に、私たちが愛と赦しの実践を深く学ばせて頂く機会になるということです。「怒り」を通して自己理解を深め、「赦し」を通して、他の人を愛するという歩みをさせて頂きましょう。(笠川路人)

生産的な怒りのサイクル2019年04月07日

神よ。私を探り、私の心を知ってください。私を調べ、私の思い煩いを知ってください。                        詩篇139篇23節       
 「怒り」が自分自身の目的、価値、期待、自尊心のいずれかを侵害されたときに起こる感情の現れであるならば、私たちは「怒り」を通して侵害された「何か」について知ることができます。つまり、「怒り」は自分自身について深く考え、侵害されたくない何かについて知る大切な機会であるとも言えます。もし侵害されてしまった「何か」について理解が進むならば、再び侵害されることがないための行動に移ることができます。以下の図は、どのように私たちが「生産的な怒りのサイクル」を実現することができるかについて、具体的に説明しています。(右側が理想的なサイクルです)
 「生産的な怒りのサイクル」は、外側だけではなく、心の内側に向かう、内面的な怒りに対処することにも役立ちます。自分だけではなく周囲の人の「怒り」を理解し、知恵深く対処する助けにもなります。もちろん、全ての怒りのケースが「生産的な怒りのサイクル」のように対処していくことは難しいでしょう。しかし、「怒り」に向き合うたびに、私たちは自分自身と他の人についての理解を深め、神さまの御心を求めて実行することができるように願っていきたいと思います。次回は怒りと赦しの関係について見ていきましょう。(笠川路人)

怒りに対する理解を深める(2)2019年03月31日

しかし今は、あなたがたも、すべてこれらのこと、すなわち、怒り、憤り、悪意、そしり、あなたがたの口から出る恥ずべきことばを、捨ててしまいなさい。                 コロサイ人への手紙 3章8節                                    
 前回「怒り」は神さまのご性質の一つであることを学びました。今回は「怒り」という感情について、さらに理解を深めていきます。まず初めに「怒り」は感情の表れであり、手段でもあり、外向きにも内向きにも表れることを知ることが大切です。分かりやすい例で言うと、怒りは叱責や非難のような「ことば」を通して表現され、時には暴力的行為のような行動に表れることがあります。律法主義や厳しさ、批判といった態度の背後にも怒りが存在することがあります。内向きの怒りとして人の心の中に押し込められる怒りの感情は、冷笑的態度や自己卑下、無視、無関心といった問題を生み出し、更には心と身体に大きなストレスを与えることがあります。激しい怒りの感情に触れる時に、私たちは動揺してしまうことが多くありますが、怒りから生み出されることばや行動そのものを見るのではなく、その怒りの背後に何があるのかを考えることが重要です。通常、怒りは4つのもの(目的、価値、期待、自尊心)を侵害される時に発生します。怒りとはこれら4つを侵害されたことによって起こる感情の表れであり、その結果は相手に対する敵意や攻撃的な発言、復讐したいという思いが出てくるものです。
 リージェントカレッジの前学長であり、心理学の専門家でもあるロッド・ウィルソン教授は怒りについてこのように説明します。「怒りの経験や背景は人によってさまざまであり、異なっている。激しく外に表現される怒りであっても、心の内側に押し込める、外面には出ない怒りでも、その背後にある、隠れているものを理解することで、上手く対応することができる。怒りに対する対処の最終目標は、生産的な怒りのサイクルを確立し、適正な感情表現をもって、他の人に対して、自分に対して、そして神さまに対して罪深い対応をしてしまうことを避けることである。(1)」怒りを通して、その人の何かが侵害されたことが明らかになります。大切なことは、先程の4つのうちの何がどのように侵害され、私(もしくは他の人)の怒りに繋がったのかを考えることです。それでは次回は「生産的な怒りのサイクル」について具体的に見ていきます。
                            (笠川路人)
(1) Glenn Taylor and Rod Wilson “Helping Angry People : A Short-term Structured Model for Pastoral Counselors” 53頁

怒りに対する理解を深める(1)2019年03月24日

主は、あわれみ深く、情け深い。怒るのにおそく、恵み豊かである。 
                              詩篇 103篇8節                                   
 「怒り」という感情について理解を深めるために、聖書が「怒り」についてどのように語っているか学ぶことができます。聖書は「怒り」についてあまり取り扱っていないと思う人がいるかもしれませんが、実は「怒り」は聖書において、とても大切なテーマであることが分かります。「怒り」という単語自体は聖書で390回も出てきます(1)。民数記32章13節ではイスラエルの民に対する神さまの怒りが書かれ、ゼパニヤ書1章14-15節では「主の激しい怒りの日」について預言されています。逆に、詩篇103篇8-9節において、「神さまはあわれみ深く、怒るのに遅い方である」とも書かれています。新約聖書を見ると、ローマ人への手紙では、人間の罪に対する神さまの怒り(2章5節)と、イエス・キリストの贖いによる神の怒りからの救い(5章9節)が語られています。聖書が「怒り」について取り扱う箇所を見ていくと、実は「怒り」は神さまのご性質の一つであることが分かります。
 「怒り」は罪であると思う私たちにとって、怒りは神さまのご性質の一つであるという事実は受け入れにくいかもしれません。しかし、私たちが「怒り」の感情を持っているのは、神さまのかたちに似せて造られた人間である(創世記1章26節)からであり、「怒り」は神さまが私たち人間に与えられた大切な性質なのです。しかし、すべての怒りが受け入れられるわけではありません。私たちは注意深く、怒りと罪を切り離して考える必要があります。「怒っても罪を犯してはなりません。日が暮れるまで憤ったままでいてはいけません。」(エペソ人への手紙4章26節)と語られている通りです。「怒り」という感情を理解することを通して、罪を犯すことなく、「怒り」をコントロールし、向き合っていく歩みをさせて頂きたいと思います。続けて「怒り」について学んでいきましょう。
                                (笠川路人)
(1) Glenn Taylor and Rod Wilson “Helping Angry People” 33頁

感情のコントロールについて2019年03月17日

怒っても、罪を犯してはなりません。日が暮れるまで憤ったままでいてはいけません。         エペソ人への手紙 4章26節                                    

 人間関係の問題について探っていく時に、その多くが感情の問題であることを私たちは発見します。何か人間関係でトラブルを経験する時(時には一方的にトラブルに巻き込まれることもありますが)、そこには怒りや憎しみ、妬みや失望といった感情の問題が発生していることが殆どです。日々、報道されるニュースを見ると、多くの事件が感情の問題を原因としていることを発見します。私たちの日常生活においても、人間関係のトラブルを見たり経験するときに「もっと感情をコントロールできていれば良かったのに」と思うことがあります。身近な人間関係ほど拗(こじ)れてしまうと難しいし、赦せないと思う。ましてや、相手がクリスチャンだった場合は余計に赦せない、腹立たしいと思ってしまう。日本人は比較的、我慢強く、人間関係の問題にならないように感情を押し込めるケースが多いと言われていますが、「何が問題なのか?」、「どうして腹立たしいのか?」と、しっかり理解をして受け止めたり、自己内省をしながら分析することはとても大切です。
 これから何回かに渡って、感情の中でも人間関係に最も影響しやすい、「怒り」について取り上げていきます。怒りは分かりやすい、とても身近な感情表現ですが、対処を誤ると人間関係の危機に陥ることがあります。パウロはエペソの教会のクリスチャン達に「怒っても、罪を犯してはなりません。」と教えました。聖書は「怒り」についてどのように取り扱っているのか。怒りは罪なのか。そして人はどうして怒るのか。どうしたら怒りをコントロールすることができるのか。これらの内容を詳しく見ていくことで、感情の問題に対して、聖書的アプローチを通した解決方法を見ていきたいと思います。(笠川路人)

霊的友情の実践2019年03月10日

ヨナタンは、自分と同じほどにダビデを愛したので、ダビデと契約を結んだ。                  サムエル記第一 18章3節                                   
 私たちは霊的友情の具体的な事例を聖書の中に見ることができます。旧約聖書の有名な事例は、ダビデとヨナタンの友情が挙げられるでしょう。ダビデがサウル王に追われ、苦しみの中にある時、ヨナタンは決してダビデを見捨てずに、ダビデを励まし、支え続けます。伝道者の書4章12節には「もしひとりなら、打ち負かされても、ふたりなら立ち向かえる。三つ撚りの糸は簡単には切れない。」という御言葉があります。逆に霊的友情でないケースも存在します。苦難のただ中にあるヨブに対して、3人の友人はヨブの状況に深く同情するものの、神さまの御心にかなった正しい助言をすることができませんでした。霊的友情の関係は、お互いの人生に深くかかわるだけに、注意をもって謙遜に関わることも必要です。霊的友情ではない関係としては、1.その人の人生において神を演じる、2.相互依存的関係に陥る、3.支配、コントロールする、4.カウンセリングをする(される)といった事があります。
 どうしたら私たちは神さまの御心にかなった霊的友情を長期的に育み、祝福を受けることができるでしょうか。まず二人の関係にイエス・キリストをお招きすることが大切です。リヴォ―修道院長の聖アエラッド(1110-1167)はこのような祈りを記しています(1)。「我ら二人は御前におります。我らは二人であり、キリストが三人目としてここに加わってくださることを願います。」この祈りを実践する時に、イエスさまが二人の関係の中に聖霊なる神さまを通して存在して下さり、共に信仰を深め合う関係へと導かれることを実感することができます。人生の歩みの分かち合いと共に、二人が心を一つにする祈りを通して、霊的友情の祝福を体験することとなります。教会の中に霊的友情の祝福が広がっていくことを祈ります。それでは次回からは第7課の感情の課題(怒り・悲しみ)について学んでいきましょう。 (笠川路人)
(1) ジェームス・フーストン「神との友情」343頁

どのように霊的友情を深めるか2019年03月03日

兄弟を愛する者は、光の中にとどまり、つまずくことがありません。
                      ヨハネの手紙第一 2章10節                                    
 私たちが信仰を通して、三位一体の神さまとの愛の関係に引き寄せられる時、私たちの人間関係が大きく変えられていきます。同時にクリスチャンの友との祈り合い、分かち合う関係を経験していくことになります。神学校での学びの中で、霊的友情をテーマにした授業を取った時に、担当教官が「私は生涯に渡って、7人のクリスチャンの兄弟たちと霊的友情を分かち合ってきました」と自らの体験を話してくださいました。私自身、それまでもクリスチャンの友人を通して、多くの信仰の励ましを受けてきましたが、もう一歩深い霊的友情を生涯にわたって経験したいと思わされた瞬間でした。定期的に会って、それぞれの人生の歩みについて語り、時には心の中にある葛藤や悩みを分かち合う。祈りを通して執り成し合い、共に神さまの御心を探し求める。ジェームス・フーストンは霊的友情について、このように説明します。「魂の友とは、私の信仰の浅薄さ、自分でどうにもならない依存症的行動、うわべの生活のずっと底に隠れているものが何であれ、それを安心して話し合い、一緒に分析できる相手です。その人は、かつて私の弱点であった部分がやがて霊的成長の突破口になり、新しい信頼、確信、願いの源と変えられるように力を貸してくれます。(1)」さらに霊的友情は、友情を分かち合う二人を祈る者として建て上げていきます。「魂の導き手、霊的友人とは何をする人でしょう。まず私が真に生きるために、真に祈れるように導き励ましてくれます。(2)」   
 どうすれば、私たちは霊的友情を人生の中で得ることができるでしょうか。ケン・シゲマツ師は霊的友人を得るための3つの具体的な方法を勧めています。1.まず神さまに霊的友人を与えて下さるように祈り求めること、2.一緒に何かをすることを誘い、関係を深めることができるような機会を持つようにすること、3.何よりも、自分がまず友人になること――以上の3つです(3)。教会においては、様々な奉仕の場において、人間関係を深める機会が数多くあります。小グループの活動も霊的友人を見つける助けとなるでしょう。神さまが霊的友情を通して、私たちのクリスチャンとしての歩みを励ましてくださることを期待していきたいと思います。(笠川路人)

(1) ジェームス・フーストン「神との友情」316頁. (2) 同書 318頁
(3) Ken Shigematsu, God In My Everything, 90-91頁

三位一体の関係をモデルとして2019年02月24日

人知をはるかに超えたキリストの愛を知ることができますように。こうして、神ご自身の満ち満ちたさまにまで、あなたがたが満たされますように。                    エペソ人への手紙 3章19節    
                                
 人間は神のかたちに造られたと創世記1章に書かれています。1章26節で「われわれのかたちに」と自らを複数形で語られた神さまは、三位一体(父・子・聖霊)であり、三位一体の豊かな交わりの中に生きる神さまです。この地上に神の御姿として現われたイエスさまは、父なる神さまとの愛の関係に生き、父なる神と全てを共有している(マタイの福音書11章27節)と語られました。相互に愛し合い、与え合い、補完し合う三位一体の関係に、イエスさまは「あなたがたは私の友です。」(ヨハネの福音書15章14-15節)と私たちを招かれました。キリスト教の基本教理である三位一体は、理解にしくいと言われますが、実は三位一体の神さまとその関係性を知っていく時に、私たちは兄弟姉妹との人間関係や友情におけるモデル(理想形)を得ることになります。ジェームス・フーストンは、「三位一体とは、単にほこりをかぶった古めかしい教理ではありません。それはキリストにおいて、神の御霊の働きにより、ご自身を人間に啓示される神の生ける神秘です。それゆえ私たちは、この三位一体なる神との深い交わりに入るときにのみ、初めて完全に自分自身を理解できるようになるのです。父、子、聖霊の愛の共同体に引き寄せられるとき、初めてどのように他者に近づくべきかを教えられるのです。(1)」と説明しています。
 父なる神さまを知る時に、目の前の兄弟姉妹を、神のかたちに造られた素晴らしい存在として再確認することができます。父なる神さまは、私たち一人一人を「非常に良かった」、そして「高価で尊い」存在として創造されました。御子なるイエスさまは、私たちの罪のために十字架の上で死んでくださった。この地上で生きる限り、確かに私たちは罪の影響を受け続けています。しかし、そんな私たち一人一人のためにイエスさまは命を犠牲にして、罪を赦し、永遠のいのちを与えて下さり、友となって下さった。私たちの人生の目標は、教会に生きる関係を通して、イエスさまの御姿に変えられて行くことです。聖霊なる神さまは、助け主として私たちの心に内住し、働いて下さる。そして、聖霊なる神さまは私たちの霊的な友情を通して、教会の中で力強い働きをしてくださいます。次回はどのように霊的友情を深めていくことができるかについて考えたいと思います。(笠川路人)
(1) ジェームス・フーストン「神との友情」345頁

霊的友情について2019年02月17日

ところが、バルナバは彼を引き受けて、使徒たちのところへ連れて行き、彼がダマスコへ行く途中で主を見た様子や、主が彼に向かって語られたこと、また彼がダマスコでイエスの御名を大胆に宣べた様子などを彼らに説明した。                       使徒の働き 9章27節                                    
 
 前回まで人間関係についての内容を取り扱ってきましたが、今回からはバルナバコース第6課の「霊的友情について」の内容に入ります。罪によって人間関係に課題をもった人間に対して、神さまは罪からの救いと関係の回復を恵みとして与えられました。聖書的な人間関係の実践として境界線(バウンダリーズ)と、情緒的な健康について説明しましたが(2月3日、2月10日の週報を参照)、人間関係の回復を体験したクリスチャンは、人間関係を通して励まされ、成長する者となる人生を歩む祝福を頂いています。ですから、私たちの人間関係の経歴(どのような人間関係を持ってきたか)は、私たちの霊的、信仰的な経歴であるとも言えるでしょう。私自身も過去の経験を振り返った時に、信仰の歩みの中で信仰の先輩や友人から大きな影響を受け、励ましを頂いてきたことを覚えます。多くの人々が孤独を感じて生きていると言われるこの世界において、教会での交わり、信仰の友との友情関係はとても貴重な関係です。生涯に渡って、信仰を分かち合い、励まし合う友が存在することは、人生の中で大きな励ましとなります。私たちの霊的友情(信仰を持つ者同士の友人関係)は、私たちの信仰を育み、その歩みを豊かにするものです。
 アンテオケ教会の中心的な働き人であったパウロとバルナバの友情は、使徒の働き9章26-30節の中に見ることができます。ダマスコ途上で回心し、迫害者からキリスト者へと変えられたパウロが直面したのは、誰にも信じてもらえないという人間関係における危機でしたが、「バルナバは彼を引き受けて」(9章27節)とあるように、バルナバは、パウロと関係を作り、彼の体験を詳しく聞き、パウロが弟子の仲間に入るための手助けをしました。その後のパウロとバルナバの霊的友情は、アンテオケ教会の成長の祝福となり、世界宣教の礎となったことは言うまでもありません。それでは次回からクリスチャンの霊的友情について聖書から学ばせて頂きたいと思います。    (笠川路人)