「神さまの力」を信じる者になろう2022年09月11日

エリシャは言った。「主のことばを聞きなさい。主はこう言われる。『明日の今ごろ、サマリアの門で、上等の小麦粉一セアが一シェケルで、大麦二セアが一シェケルで売られるようになる。』」しかし、侍従で、王が頼みにしていた者が、神の人に答えて言った。「たとえ主が天に窓を作られたとしても、そんなことがあるだろうか。」そこで、エリシャは言った。「確かに、あなたは自分の目でそれを見るが、それを食べることはできない。」               列王記第二 7章1~2節

 上記引用箇所の預言者エリシャと王の侍従とのやり取りは、列王記第二6章の後半を思い出すとうなずけます。

サマリアには大飢饉が起こっていて、また彼らが包囲していたので、ろばの頭一つが銀八十シェケルで売られ、鳩の糞一カブの四分の一が銀五シェケルで売られるようになった。                     列王記第二 6章25節 

 さらに列王記第二6章26~29節には、大飢饉の中、自分の子どもを食べた話が記されています。そのような状況だったからこそ、王の侍従が、預言者エリシャのことばを信じることができず「たとえ主が天に窓を作られたとしても、そんなことがあるだろうか」(2節)と答えたことは理解できます。
 まさにこの侍従は、状況を適切に見て、判断する能力を持っていましたが、しかし「神さまの力」を信じることができなかったのです。列王記第二7章を読み進めると、神さまは「町の門の入口にいた」「ツァラアトに冒された四人の人」(3節)を用いられ、また「アラムの陣営に、戦車の響き、馬のいななき、大軍勢の騒ぎを聞かせ」(6節)、その中で「見よ。イスラエルの王が、ヒッタイト人の王たち、エジプトの王たちを雇って、われわれを襲って来る」(6節)と思わせ、アラムの軍勢を散らされました。
 その結果、預言者エリシャの預言通り「上等の小麦粉一セアが一シェケルで、大麦二セアが一シェケルで売られた」(16節)のです。どんなに厳しい、困難な状況の中にあっても、私たちは「神さまの力」を信じる者として歩みましょう。
     (吉持日輪生)

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://mikotoba.asablo.jp/blog/2022/09/11/9525162/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。