ダビデ王の限界2022年03月06日

また、あなたはツェルヤの子ヨアブが私にしたこと、すなわち、彼がイスラエルの二人の軍の長、ネルの子アブネルとエテルの子アマサにしたことを知っている。(中略)だから、あなたは自分の知恵にしたがって行動しなさい。彼の白髪頭を安らかによみに下らせてはならない。しかし、ギルアデ人バルジライの子たちには恵みを施してやり、彼らをあなたの食卓に連ならせなさい。(中略)また、あなたのそばに、バフリム出身のベニヤミン人ゲラの子シムイがいる。(中略)しかし今は、彼を咎のない者としてはならない。あなたは知恵の人だから、どうすれば彼の白髪頭を血に染めてよみに下らせられるかが分かるだろう。」
                       列王記第一 2章5~9節(抜粋)

 列王記第一2章は「ダビデの死ぬ日が近づいたとき」で始まっています。そのことをふまえて読むと、ダビデ王がしっかりと様々なことを記憶していることに驚かされます。「ヨアブのこと」も、「バルジライのこと」も、そして「シムイのこと」もしっかりと覚えていて、それに適切な指示を与えています。
 しかし同時に、この地上での歩みの最後まで、「彼(ヨアブ)の白髪頭を安らかによみに下らせてはならない」(6節)とか、「どうすれば彼の白髪頭を血に染めてよみに下らせられるか」(9節)といった思いを抱いていていることによる心の負担も感じます。
 しかし、これがイエスさまの十字架を知らない時代の限界でしょう。私たちは、イエスさまの十字架のゆえに、自分の罪が赦されていることを自覚しているからこそ、他の人の罪も赦すように導かれています。

互いに忍耐し合い、だれかがほかの人に不満を抱いたとしても、互いに赦し合いなさい。主があなたがたを赦してくださったように、あなたがたもそうしなさい。
                       コロサイ人への手紙3章13節

 歳を重ねても、死を前にしても、私たちの内側に「赦せないこと」があるならば、その時は、イエスさまの十字架に立ち返ることです。今週も、聖書が教えているように、互いに愛し合い、互いに赦し合う歩みを進めていきましょう。(吉持日輪生)

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://mikotoba.asablo.jp/blog/2022/03/06/9469890/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。