エリヤとエリシャの違い2022年08月07日

エリヤはエリシャに「ここにとどまっていなさい。主が私をベテルに遣わされたから」と言った。しかしエリシャは言った。「主は生きておられます。あなたのたましいも生きています。私は決してあなたから離れません。」こうして、彼らはベテルに下って行った。                     
                           列王記第二 2章2節

エリヤは彼に「エリシャ、ここにとどまっていなさい。主が私をエリコに遣わされたから」と言った。しかし彼は言った。「主は生きておられます。あなたのたましいも生きています。私は決してあなたから離れません。」こうして、彼らはエリコにやって来た。                        
                           列王記第二 2章4節

エリヤは彼に「ここにとどまっていなさい。主が私をヨルダンへ遣わされたから」と言った。しかし彼は言った。「主は生きておられます。あなたのたましいも生きています。私は決してあなたから離れません。」こうして、二人は進んで行った。
                           列王記第二 2章6節

 列王記第二2章では、預言者エリヤの後継者となるエリシャが登場します。しかし、上記に記されているエリシャの姿勢には、聖書が大切にしている「従順さ」を感じることができません。エリシャは、エリヤから3回「ここにとどまっていなさい」と言われたにもかかわらず、3回ともとどまらず、エリヤと一緒に出かけています。
 さらに9節で預言者エリヤから「『あなたのために何をしようか。私があなたのところから取り去られる前に求めなさい。』するとエリシャは、『では、あなたの霊のうちから、二倍の分を私のものにしてください』と言った。」とありますが、ここからはエリシャの「貪欲さ」を感じます。不従順で、貪欲なエリシャ。
 しかし、神さまは、エリヤとエリシャの違いのように、違いのある人たちを選ばれるお方です。イエスさまが選ばれたお弟子さんたちもしかり。聖書に登場する信仰者たちもしかりです。そして私たちの教会に連なるクリスチャン一人ひとりを見てもしかりです。
 「自分と同じようなクリスチャンがこの教会にはいない」、これこそが「あなたがこの教会に導かれている意味」「存在理由」です。

ちょうど、からだが一つでも、多くの部分があり、からだの部分が多くても、一つのからだであるように、キリストもそれと同様です。 

                  コリント人への手紙第一 12章12節
(吉持日輪生)

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://mikotoba.asablo.jp/blog/2022/08/07/9515748/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。