死を願う時の対処法2022年07月03日

自分(預言者エリヤ)は荒野に、一日の道のりを入って行った。彼は、エニシダの木の陰に座り、自分の死を願って言った。「主よ、もう十分です。私のいのちを取ってください。私は父祖たちにまさっていませんから。」
                          列王記第一 19章4節

 上記聖書箇所の衝撃は、「預言者の中の預言者」と言われる預言者エリヤが、「自分の死を願って」いることです。この状況を作ったのは、アハブ王の妻イゼベルの言動でした。

すると、イゼベルは使者をエリヤのところに遣わして言った。「もし私が、明日の今ごろまでに、おまえのいのちをあの者たちの一人のいのちのようにしなかったなら、神々がこの私を幾重にも罰せられるように。」 
                          列王記第一19章2節

 このようなイゼベルに対して、預言者エリヤは3節で「自分のいのちを救うため立ち去った」とあるように、「生きよう」としています。しかし、そのすぐ後で「自分の死を願って」います。まさにここに「預言者の中の預言者」であっても「人」であると思わされます。私たちも「生きよう」「生きたい」と思いつつも、「死にたい」と考えてしまうことは良くあることです。
 さて、この預言者エリヤの姿から、私たちも「自分の死を願う」ような時の対応を学ぶことができます。まず「死にたい」と預言者エリヤが考えるようになった状況を整理すると、一つは、「自分のいのちを救うため立ち去った」(3節)とあることから、自分の力で生きようとしていたことがわかります。もう一つは、冒頭引用聖書箇所に「私は父祖たちにまさっていませんから」と、「人との比較の中にはまっていたこと」がわかります。
 「自分の力で生きよう、生きたい」と願う時、私たちも「死にたい」と考えてしまいます。また「人との比較の中にはまると」やはり、「死にたい」と考えてしまいます。しかし預言者エリヤは、「死にたい」という思いを、誰にぶつけていたでしょうか。人ではなく、神さまにぶつけています。いのちを与え、いのちを取られる神さまに自分の心の思いを吐露しています。まさにこれが「死にたい」思いへの最高の対処法です。
 私たちにいのちを与え続けてくださっている神さまの前に出る時、自分の力で生きているのではなく、神さまによって生かされていることを知り、生きることのしんどさから解放されます。また神さまは、誰かと比較して私たちを創造されたのではなく、「私を私として」創造してくださったお方であることを知る時、人と比較して生きることのしんどさからも解放されます。
 あなたも「死にたい」という思いが沸き起こる時、預言者エリヤのように神さまに問いかけましょう。そして自分の力で生きようとしたり、人との比較の中で一喜一憂する生き方から解放されましょう。あなたはあなたとして神さまに愛されています。
                  (吉持日輪生)

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://mikotoba.asablo.jp/blog/2022/07/03/9505679/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。