恵み豊かな神さま2022年06月05日

しかし、ダビデに免じて、彼の神、主は、彼のためにエルサレムに一つのともしびを与えて、彼の跡を継ぐ子を起こし、エルサレムを堅く立てられた。
                       列王記第一 15章4節

 列王記第一15章は、イスラエル(北王国)も、またユダ(南王国)も、目まぐるしく王様が変わっています。
 まずユダ(南王国)の王は、レハブアム王 → アビヤム王 → アサ王 → ヨシャファテ王と変わっています。
 またイスラエル(北王国)の王は、ヤロブアム王 → ナダブ王 → バアシャ王と変わっています。
 またそれぞれの王と神さまとの関係も記されていて、ユダ(南王国)のアビヤム王について聖書は「かつて自分の父が行ったあらゆる罪のうちを歩み、彼の心は父祖ダビデの心のように、彼の神、主と一つにはなっていなかった」(3節)とあり、またアサ王については「父祖ダビデのように、主の目にかなうことを行った」(11節)とあります。一方イスラエル(北王国)の方は、ナダブ王について「彼は主の目に悪であることを行い、彼の父の道に歩み、父がイスラエルに犯させた罪の道を歩んだ」(26節)とあります。またバアシャ王は、ナダブ王を殺し、代わって王となっています。またそれだけではなく「ヤロブアムの全家を討ち、ヤロブアムに属する息ある者を一人も残さず、根絶やしにした」(29節)とあります。
 しかし、冒頭の聖書箇所にある通り「ダビデに免じて」、神さまは、ユダ(南王国)も、イスラエル(北王国)も守られています。十戒の中にある神さまのことばを思い出します。

あなたは自分のために偶像を造ってはならない。(中略)それらを拝んではならない。それらに仕えてはならない。あなたの神、主であるわたしは、ねたみの神。わたしを憎む者には父の咎を子に報い、三代、四代にまで及ぼし、わたしを愛し、わたしの命令を守る者には、恵みを千代にまで施すからである。
                  出エジプト記20章4~6節(抜粋)

 「父の咎を子に報い、三代、四代にまで」に対して、恵みは「千代にまで」です。
「神さまの恵み」の豊かさを教えられます。
 今週も年間聖句にあるように、「あらゆる恵みをあふれるばかりに与えることがおできになる」神さまを見上げて歩みましょう。         (吉持日輪生)

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://mikotoba.asablo.jp/blog/2022/06/05/9497148/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。