時を大切にされる神さま2022年04月03日

イスラエル人がエジプトの地を出てから四百八十年目、ソロモンがイスラエルの王となってから四年目のジブの月、すなわち第二の月に、ソロモンは主の家の建築に取りかかった。           列王記第一 6章1節

 皆さんは、旧約聖書を読んでいて、数字を大切にしていると感じたことはないでしょうか。旧約聖書は、今から数千年前の書物ですが、年数にしても、民の数にしてもとても正確に記しています。
 冒頭に引用した聖書箇所も同様で「イスラエル人がエジプトの地を出てから四百八十年目」と明確に年数を記しています。私たちが慣れ親しんできた「日本の昔話」のような「昔々、あるところに…」といった漠然としたものではありません。そこにも聖書の神さまのご性質が現わされています。聖書の神さまは、「すべてのことには定まった時期があり、天の下のすべての営みに時がある」(伝道者の書3章1節)と記されているように、神さまは「時」を創造し、「時」を支配されるお方です。ですから神さまを見上げる時、神さまと共に歩む時、人は「時」を大切にし、「時」の流れを記したくなるのでしょう。
 さて、私たちは今、どのような「時」を歩んでいるでしょうか。イエスさまがこの世に誕生されて2022年目。宗教改革の起点と考えられる1517年から505年目。茨木聖書教会がこの地に誕生して57年目。そしてこの会堂が神さまの前に献堂されて29年目です。
 新年度の歩みが始まりました。「時」を創造し、「時」を支配される神さまと共に、この1年の「時」を大切にしながら、共にキリストのからだなる教会を建て上げていきましょう。(吉持日輪生)

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://mikotoba.asablo.jp/blog/2022/04/03/9478335/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。