内側にある罪との戦い2021年12月05日

その後のことである。ダビデの子アブサロムに、タマルという名の美しい妹がいた。ダビデの子アムノンは彼女に恋をした。       サムエル記第二13章1節

 サムエル記第二13章は、前章に記されたダビデ王の罪が、神さまの前では赦されますが、その罪によってダビデ王のまわりの闇が広がっていく様子を見ることができます。そしてそれは、ナタンの預言の中で語られていたことでした。

主はこう言われる。「見よ、わたしはあなたの家の中から、あなたの上にわざわいを引き起こす。あなたの妻たちをあなたの目の前で奪い取り、あなたの隣人に与える。彼は、白昼公然と、あなたの妻たちと寝るようになる。…」   サムエル記第二12章11節

 まさにナタンを通して語られた神さまのことば「わたしはあなたの家の中から、あなたの上にわざわいを引き起こす」、このことが今回の13章から始まります。
 冒頭に引用した個所に記されている人物、アブサロムも、タマルも、そしてアムノンも、ダビデ王の子どもです。さらにアムノンに知恵を与えたヨナダブも、「ダビデの兄弟シムアの息子」(サムエル記第二13章3節)と記されていますので、ダビデ王の家の者です。
 ダビデ王は、外の敵との戦いに勝利をおさめ続けましたが、自分の内側にある罪という敵、またダビデ王の家の中にある罪という敵には、振り回されます。それが、ナタンを通して語られた「わざわい」の始まりでした。
 クリスチャンの信仰生活も、様々な外から来る悪に対しては、しっかりと戦えても、自分の内側にある罪との戦いには苦戦し、様々な困難、わざわいを経験します。しかし、神さまは、そのような状況からも助け出してくださいます。

私はこう確信しています。死も、いのちも、御使いたちも、支配者たちも、今あるものも、後に来るものも、力あるものも、高いところにあるものも、深いところにあるものも、そのほかのどんな被造物も、私たちの主キリスト・イエスにある神の愛から、私たちを引き離すことはできません。
ローマ人への手紙8章38~39節

 「主キリスト・イエスにある神の愛」は、神さまの被造物の一つである「私という罪人」によっても、私たちから引き離すことはできません。アドベント2週目、勝利をもたらしてくださったイエスさまのことを思い巡らしつつ歩みましょう。     (吉持日輪生)

神さまの業、人の業2021年12月12日

私たちは、必ず死ぬ者です。私たちは地面にこぼれて、もう集めることができない水のようなものです。しかし、神はいのちを取り去らず、追放されている者が追放されたままにならないように、ご計画を立ててくださいます。
                        サムエル記第二14章14節

 上記聖書個所の「私たちは地面にこぼれて、もう集めることができない水のようなものです」は、日本語の「覆水盆に返らず」と似た言葉です。
 さてダビデ王の罪によってダビデ王の家に流れ始めた「わざわい」は、まだまだ続いていきます。ただ今回のサムエル記第二14章は、その「わざわい」を、「人の業」でなんとか修復しようとする取り組みが記されています。ダビデ王の軍団の長であり、ダビデ王のおいにあたるヨアブが、知恵をしぼり、また「知恵のある女」(サムエル記第二14章2節)を用いて、ダビデ王の中にあるアブサロムへの怒りに気付かせ、和解へ導こうとしています。まさに「ダビデの家の中からダビデの上にわざわいを引き起こす」と言われた「神さまの業」に、ダビデ王の軍団の長ヨアブの「人の業」が挑みますが、結果は、すっきりしたものではありませんでした。

アブサロムはヨアブに答えた。「ほら、私はあなたのところに人を遣わし、ここに来るように言ったではないか。私はあなたを王のもとに遣わし、『なぜ、私をゲシュルから帰って来させたのですか。あそこにとどまっていたほうが、まだ、ましでした』と言ってもらいたかったのだ。今、私は王の顔を拝したい。もし私に咎があるなら、王に殺されてもかまわない。」 ヨアブは王のところに行き、王に告げた。王はアブサロムを呼び寄せた。アブサロムは王のところに来て、王の前で地にひれ伏して礼をした。王はアブサロムに口づけした。 サムエル記第二14章32~33節

 このようにダビデ王とアブサロムは口づけし、和解したかのように見えますが、次週取り扱うサムエル記第二15章では、「神さまの業」であるわざわいの流れが、力強く流れていることを知らされます。
 アドベントを歩んでいる私たちは、「神さまの業」に対して、マリアの思い「ご覧ください。私は主のはしためです。どうぞ、あなたのおことばどおり、この身になりますように」(ルカの福音書1章38節)という受諾の思いの大切さを覚えつつ歩みましょう。                        (吉持日輪生)

「わざわい」の中での信仰2021年12月19日

アブサロムは、さばきのために王のところにやって来る、すべてのイスラエルの人にこのようにした。アブサロムはイスラエルの人々の心を盗んだ。
                         サムエル記第二15章6節

 サムエル記第二12章のダビデ王の罪から始まった「わざわい」は、ますます混迷を深めていきます。上記引用した通り自分の息子アブサロムに「イスラエルの人々の心を盗まれ」、ヘブロンでダビデ王に対する謀反が起こります。戦いに慣れているはずのダビデ王は、息子アブサロムとの争いを避け、速やかにエルサレムから逃げ出します。

ダビデは、自分とともにエルサレムにいる家来全員に言った。「さあ、逃げよう。そうでないと、アブサロムから逃れる者はいなくなるだろう。すぐ出発しよう。彼がすばやく追いついて、私たちに害を加え、剣の刃でこの都を討つといけないから。」
                        サムエル記第二15章14節

 そしてこのような「わざわい」の中、ダビデ王の心境というか、信仰が記されています。

王はツァドクに言った。「神の箱を都に戻しなさい。もし私が主の恵みをいただくことができれば、主は、私を連れ戻し、神の箱とその住まいを見させてくださるだろう。もし主が『あなたはわたしの心にかなわない』と言われるなら、どうか、主が良いと思われることをこの私にしてくださるように。」
                      サムエル記第二15章25~26節

 「主の主権」を認めるダビデ王のこの信仰は、ダビデの家系に生まれたイエスさまの父ヨセフにもつながっていることを、クリスマスだからこそ強く思わされます。

 彼がこのことを思い巡らしていたところ、見よ、主の使いが夢に現れて言った。「ダビデの子ヨセフよ、恐れずにマリアをあなたの妻として迎えなさい。その胎に宿っている子は聖霊によるのです。(中略)ヨセフは眠りから覚めると主の使いが命じたとおりにし、自分の妻を迎え入れたが、子を産むまでは彼女を知ることはなかった。そして、その子の名をイエスとつけた。 
                    マタイの福音書1章20~25節(抜粋)

 「わざわい」と思える状況をも、神さまの主権を認めて受諾していくダビデ王とイエスさまの父ヨセフの信仰を覚えつつアドベント最後の週を歩みましょう。
                               (吉持日輪生)

主語は「主」2021年12月26日

王は言った。「ツェルヤの息子たちよ。これは私のことで、あなたがたに何の関わりがあるのか。彼が呪うのは、主が彼に『ダビデを呪え』と言われたからだ。だれが彼に『おまえは、どうしてこういうことをするのだ』と言えるだろうか。」
                        サムエル記第二16章10節

 ダビデ王の信仰の特徴は、神さまの主権を認めていることです。それは、今回のタイトルにも使っているように、主語を「主」にして物事を捉えていることです。例えば上記聖書個所では「主が彼に『ダビデを呪え』と言われたからだ」と受け止めています。11節でもダビデ王は、「彼に呪わせなさい。主が彼に命じられたのだから」と語り、さらに「主は私の心をご覧になるだろう」、「主は今日の彼の呪いに代えて、私に良いことをもって報いてくださるだろう」と、すべて主語が「主」になっています。
 ちょうど今、私たちは2021年の最後の週を歩もうとしています。1年を振り返り、様々な出来事を思い出す時です。
 「私が、なんで○○という病気にならないといけないんだ」
 「私が、なんで××という失敗をしなければならないんだ」
 「私が、私の力で、私の努力で、△△という良い結果に導いたんだ」などなど…。
しかし、これらの表現の主語を「主」に代えるとどうなるでしょうか。
 「主が、○○という病気を私に与えられたんだ」
 「主が、××という失敗を私に経験させたんだ」
 「主が、△△という良い結果を私に備えてくださったんだ」となります。

 主語を「私」から「主」に入れ替えるだけで、こんなにも印象が変わるのかと感じます。ぜひ2021年の歩みを振り返りながら、すべての出来事の主語を主にして、心にしまうようにしましょう。
 その先に響く神さまのことばは、ローマ人への手紙8章28節です。

神を愛する人たち、すなわち、神のご計画にしたがって召された人たちのためには、すべてのことがともに働いて益となることを、私たちは知っています。
                        ローマ人への手紙8章28節

 2022年も、主語を「主」にして歩みましょう。       (吉持日輪生)