ダビデのぶれない姿勢2021年10月03日

ダビデは、ベエロテ人リンモンの子レカブとその兄弟バアナに答えて言った。「主は生きておられる。主は私のたましいを、あらゆる苦難から贖い出してくださった。かつて私に『ご覧ください。サウルは死にました』と告げて、自分では良い知らせをもたらしたつもりでいた者を、私は捕らえて、ツィクラグで殺した。それが、その良い知らせへの報いであった。まして、この悪者どもが、一人の正しい人を家の中で、しかも寝床の上で殺したとなれば、私は今、彼の血の責任をおまえたちに問い、この地からおまえたちを除き去らずにいられようか。」          
サムエル記第二4章9~11節

 上記聖書箇所の10節「かつて私に『ご覧ください。サウルは死にました』と告げて、自分では良い知らせをもたらしたつもりでいた者」の出来事は、サムエル記第二1章に記されていました。確かに今日の聖書箇所は、その場面とよく似ています。
 サムエル記第二1章の「若い者」も、そして今回の「レカブとバアナ」も、良いことをしたとダビデから評価され、自分たちの立場が守られ、ダビデから良くしてもらえると考えたのでしょう。しかし、ダビデの行動は、サムエル記第二1章でも、そして今回の4章でも同じものでした。そこに、ダビデのぶれない姿勢が、現わされています。
 ではなぜダビデが、ぶれなかったのでしょうか。その理由は、次のダビデの詩篇に見ることができます。

私はいつも 主を前にしています。主が私の右におられるので 私は揺るがされることがありません。                     詩篇16篇8節

 ダビデは、常に「主を前に」して対応しました。ですから、どのような人が目の前に現れても、その人の発言、行動に左右されることなく対応できたのでしょう。
 私たちも、目の前の人に目を向け過ぎてしまい、「主を前に」して行動できないことがあります。ですから今週こそ、常に「主を前に」しつつ、一つ一つの事柄に、また出来事に、ぶれることなく対応していきましょう。      (吉持日輪生)

ダビデのように具体的に祈り、具体的に従おう2021年10月10日

① ダビデは主に伺った。         サムエル記第二5章19節(冒頭)
② ダビデが主に伺うと、主は言われた。  サムエル記第二5章23節(冒頭)

 ダビデは、この章でイスラエルの王となりますが、これまでと変わることなく「主に伺う」姿勢を貫いています。
 しかも①のお伺いに対する主なる神さまの返答は、「攻め上れ。わたしは必ず、ペリシテ人をあなたの手に渡すから」(19節)。それに対して②のお伺いに対する主なる神さまの返答は、「上って行くな。彼らのうしろに回り込み、バルサム樹の茂みの前から彼らに向かえ。バルサム樹の茂みの上で行進の音が聞こえたら、そのとき、あなたは攻め上れ。そのとき主はすでに、ペリシテ人の陣営を討つために、あなたより先に出ているからだ」(23~24節)とあります。
 これらのダビデと神さまとのやり取りを読みながら、神さまが、ダビデに対して常に明確に、そして具体的に答えてくださっていることを感じます。その理由は、恐らくこれまでダビデが、神さまに信頼し、神さまの返答に従ってきたからでしょう。素直に神さまに伺い、それに対する神さまからの返答に素直に従うダビデに、主なる神さまも、常にはっきりと、さらに具体的に答えてくださっているのでしょう。
 このようなダビデと神さまとの関係を読みながら、私はどうなのだろうかと考えさせられます。私の祈りに対する神さまからの返答が、ダビデに対するように明確でなく、具体的でないのは、これまでの私と神さまとの関係が、表面的なものとなっていたからなのかもしれません。
 そうであるならば、私たちもダビデのように具体的に祈り、具体的な返答をいただき、具体的に実行していく歩みを重ねていきたいと思います。
 今週も具体的に祈りつつ歩みましょう。          (吉持日輪生)

日々の信仰生活、日々の信仰姿勢2021年10月17日

ダビデはミカルに言った。「あなたの父よりも、その全家よりも、むしろ私を選んで、主の民イスラエルの君主に任じられた主の前だ。私はその主の前で喜び踊るのだ。私はこれより、もっと卑しめられ、自分の目に卑しくなるだろう。しかし、あなたの言う、その女奴隷たちに敬われるのだ。」   
                    サムエル記第二6章21~22節

 上記に記したダビデの発言は、サムエル記第二6章20節に記されているサウル王の娘ミカルのことばに対するものでした。

ダビデが自分の家族を祝福しようと戻ると、サウルの娘ミカルがダビデを迎えに出て来て言った。「イスラエルの王は、今日、本当に威厳がございましたね。ごろつきが恥ずかしげもなく裸になるように、今日、あなたは自分の家来の女奴隷の目の前で裸になられて。」  
                    サムエル記第二6章20節

 ダビデは、「主の前だ」「主の前で」と発言しているように、主(神さま)と向き合っているのに対して、サウル王の娘ミカルは、「自分の家来の女奴隷の目の前で」と発言しているように、ミカルは「女奴隷」、つまり人を意識し、人と向き合っていることを読み取ることができます。
 そして、このミカルの傾向は、ミカルの父サウル王から受け継がれたものと想像します。例えばサムエル記第一13章に、サウル王が、預言者サムエルが来ない中、兵たちが離れて散って行こうとしているのを見て、焦り、不安になり、全焼のいけにえを預言者サムエルが到着する前に献げてしまう出来事が記されています。まさにこの場面でのサウル王も、神さまでなく、人を意識し、人と向き合い、失敗をしています。
 私たちの信仰が、日々の生活の中でどのように現れているか。それが、家族、子どもたち、への信仰継承に、また信仰姿勢に大きく影響するのでしょう。
 今週も、人ではなく、神さまを意識し、神さまと向き合い、日々の歩み、日々の言動を進めていきましょう。                  (吉持日輪生)

ダビデのように、イエスさまのように2021年10月24日

そして、あなた(ダビデ王)がどこに行っても、あなたとともにいて、あなたの前であなたのすべての敵を絶ち滅ぼした。わたしは地の大いなる者たちの名に等しい、大いなる名をあなたに与えてきた。          サムエル記第二 7章9節

 上記は、主(神さま)が、預言者ナタンに、ダビデ王に伝えることばとして語られた内容です。ですから「あなた」はダビデ王のことで、「わたし」は神さまのことになります。つまり神さまは、ダビデ王に「地の大いなる者たちの名に等しい、大いなる名を与えてきた」と言われています。
 この「地の大いなる者たちの名に等しい、大いなる名を与えてきた」という表現に似た表現が、聖書の中にあることを思い出す方も多いのではないでしょうか。それが下記に引用した個所です。

キリストは、神の御姿であられるのに、神としてのあり方を捨てられないとは考えず、ご自分を空しくして、しもべの姿をとり、人間と同じようになられました。人としての姿をもって現れ、自らを低くして、死にまで、それも十字架の死にまで従われました。それゆえ神は、この方を高く上げて、すべての名にまさる名を与えられました。                  ピリピ人への手紙 2章6~9節

 福音書では、イエスさまに対して「ダビデの子」と表現されているところがあるように、当時イエスさまのことをダビデ王と重ねて考える傾向が強かったのでしょう。この二者、すなわちダビデ王とイエスさまの共通点は、従順さです。「十字架の死にまで従われた」(ピリピ人への手紙2章8節)イエスさまには及びませんが、ダビデ王の歩みには「神さまへの従順さ」を見ることができます。
 今週、私たちもイエスさまにならい、またダビデ王にならい、神さまに対して、また神さまのなさることに対して、従順な歩みを重ねていきましょう。
                   (吉持日輪生)

勝利者なる神さま2021年10月31日

ダビデはダマスコのアラムに守備隊を置いた。アラムはダビデのしもべとなり、貢ぎ物を納める者となった。主は、ダビデの行く先々で、彼に勝利を与えられた。
                          サムエル記第二8章6節

 上記聖書箇所を通して、私たちは、主(神さま)が、ダビデ王に勝利をもたらせていたことを知ることができます。「聖書」は、勝利者なる神さまの御業に満ちています。
 神さまがご自分に似せて造られた「人」を罪人にさせた蛇(サタンの象徴)に対して、「彼はおまえの頭を打ち」(創世記3章15節)と、「彼(人)」の勝利を約束しています。また新約聖書においても、下記のように記されています。

決してそんなことはありません。たとえすべての人が偽り者であるとしても、神は真実な方であるとすべきです。「それゆえ、あなたが告げるとき、あなたは正しくあられ、さばくとき、勝利を得られます」と書いてあるとおりです。
                         ローマ人への手紙3章4節

 そして、このような勝利をもたらしてくださる神さまがおられるからこそ、その神さまに信頼する時、信じる時、私たちも勝利者となれます。

しかし、これらすべてにおいても、私たちを愛してくださった方によって、私たちは圧倒的な勝利者です。             ローマ人への手紙8章37節

 様々なことに敗北を感じているなら、聖書の神さまに信頼し、信じて歩みましょう。そこにこそ勝利があります。

神から生まれた者はみな、世に勝つからです。私たちの信仰、これこそ、世に打ち勝った勝利です。                 ヨハネの手紙第一5章4節

 「世に打ち勝つ勝利」ではなく、「世に打ち勝った勝利」をもたらしてくださる神さまに信頼して、信じて今週も歩みましょう。 (吉持日輪生)